Adobe Experience Design (XD)を使ってみた

結果からいうと非常に好感のもてるアプリでした。

XDってどんなツール?

何らかのアプリケーションのプロトタイピングを行うツールです。
いままでPSなどのグラフィックス作成ソフトなどでは再現が難しかった、画面遷移やそれに伴うアニメーション、タップ、スワイプの操作感を作成してパブリッシュ出来ます。

  • 製品の動きに近いプロトタイプを作成できる
  • 操作感を体験できる形にパブリッシュ
  • それをチームなどで共有できる
  • ワンストップでデザインワークを進める事ができる

構成/設計・ワイヤーフレームレベルまでのレベルかと思いきや、さすがadobeです。
PS連携で最終的な作りこみまで行けそうな雰囲気。

感想

レイヤーの概念が無い?ので最前面とかの重なりの調整が面倒に感じました。
adobeクォリティのUI Kitが用意されているのは素晴らしい。
デフォルトのUIキットでは足りないパーツがあるので、それら素材を用意すると良いと思った。

sketch3とくらべて

Adobe慣れしているとsketch3ショートカットが気になりますが、それが解消されます。
Design画面はSketch3とほぼ同等であるが、機能やツールボタン類を絞ったことにより、直感的に操作できる用になっています。
UIの洗練された感はすばらしい。

今後がとても楽しみなツールです!
あとは、C.C.の料金体系の改善というか、改革がされればまたadobeに戻る人も増えるでしょう!

#adobe
#tool
#UX
Chaos boy

テーマは「脱・思考停止」。
コメントはtwitterでお気軽に。