MacBookProのTouchBarは活用次第でメリットが倍増する!

僕は好きです、MacBook ProのTouchBar(タッチバー)。
単純に便利だからです。

結論から言うと、TouchBarが活躍するシーンは、それほど多くないです。
と言うより、「特定の人は便利に使うけど、いらない人は全く不要」 といった感じです。

Touchbarの存在を、おおざっぱに言ってしまえば、対応したアプリをフル活用するPro向け。
ほとんどの人にとっては、「劇的に使い勝手が良くなる」と言ったことは、無いでしょう。

かと言って魅力がないかといえば、そうでもありません。
Fキーを配して液晶ボタンに変えると言った、既成概念への挑戦的な姿勢 は素晴らしいと思います。

そして、Appleらしい存在感と見た目の美しさでまとめた点は、さすがと言ったところですね。

TouchBarは便利です


タッチバーはかなり革新的なハードウェアの機能で、MacBookの中でもProにしか搭載されていません。
iMovieなど、対応しているアプリを使っている人にとっては、すごく便利に使えそうな感じです。

ところが、対応しているアプリが少ないのです。
Touchbarはこう言った点で、「カスタマイズの拡張性がほとんどない」のが最大のネック です。

ただ、別のツールを使ってカスタムすることによって、便利に拡張も可能です。
Fキーよりもはるかに便利と僕が感じるのは、このBeter Touch Toolと言うアプリを使用して、カスタマイズをしているからです。

folivora.ai - Great Tools for your Mac!

無くなったFunctionキーは不便?


TouchBarにより、functionキー(物理ボタン)が無くなりました。
機能そのものがなくなったわけではありません。
もちろん、fnキーを押せば、タッチバーエリアにfunctionボタンが現れます。

  • 物理的なボタンじゃないので押しにくいかな?
  • Fキーって、結構使うよね?

意外と全然、困りませんでした。

押しにくいかと言われれば、まぁ、そんな気もしないでもないですが、正直、気になりませんでした。

また、何かにつけてFキーを押していた気がするんですが、気のせいだったようで。
むしろ、全く使ってなかったことに気づきました😓

ESCキーは違和感なし

これも、物理ボタンじゃなくなりました。

とはいえ、MacはESCキーを多用するので、functionキーのように隠れてはいません。
タッチバーのエリアに、ビジュアルのボタンとして常に配置されてます。
位置も同じ。

打鍵感が無くなることが気になる方もいるようですが、特に不便ではないですよ。
「指への触感的なフィードバックが・・・」などにこだわる方もいらっしゃると思いますが、僕にとっては、全く問題になりませんでした。

BetterTouchToolで飛躍的に便利になる


【Better Touch Tool(BTT)】というアプリを使うと、独自のショートカットキーを割り当てたボタンを設定 できて便利です。
folivora.ai - Great Tools for your Mac!


☝️これは僕のMacBook Proに設定している、BTTのカスタムボタンたち。

アプリごとに異なる設定をすることができて、とても便利です。

テキストエディタ

僕は、Atomというテキストエディタをとてもよく使います。
デフォルトで設定されたショートカットキーは覚えてるんですが、追加した拡張機能のショートカットまではさすがに覚えられない
「覚えられたら便利なんだけどなぁー」と、ずっと思ってました。

もちろん、Touch BarじゃなくてもFキーにあてがうことは可能です。
でも、F1〜12という数字にあてがっちゃうと、どのキーがどのショートカットと連携しているか を覚えなくてはなりません。

TouchBarなら、テキストと共にボタンを表示できるので、間違えずにすみます。

ブラウザ

特に拡張をたくさん入れた場合のショートカットを設定すると、便利に使えるでしょう。
ブラウザなんかでも、例えば、1password拡張を一発で起動するボタンとかを作れるわけです。

まとめ:TouchBarは活用次第で化ける


iMovieやFinalCutなどの動画編集アプリや、Photoshopなどのグラフィックス関連アプリ。
これらをヘビーに使う人にとっては、結構便利に使えると思います。

特定のアプリケーションを使いこなしている方には、役にたつ可能性が非常に高いです。

MacBook Proの立ち位置を考えると対象ユーザーがわかる

AppleはMacBook Proのアプローチを 「仕事などで使うプロ」を対象として絞り込んで来ている という印象です。
これまでは、Proと名を冠しているものの、Appleのノートブックの定番的な立ち位置でした。
それが文字通り、プロとなったわけです。

この背景には、AirやMacBookを登場させたこともあると思います。
製品ごとのターゲットが、より明確になってきたのを感じますね。

Apple製品は中古から良品を探す

Apple製品の購入検討をするときには、まずは中古から探すようにしています。

状態の良い「掘り出し物」が見つかったりします。

紹介コード 👉 BDHJGT

メルカリは、商品点数の多さが魅力です。

ご興味のある方はどうぞ。

Social Share
ChaosBoy

テーマは「脱・思考停止」。
コメントはtwitterでお気軽に。