Apple純正レザーケースを使い続けて1年半。Appleのロゴが浮かび上がってきた

iPhone買ったなら、やっぱり純正ケースが良いです。

なんせ、フィット感と安心感が違います。
質感と重さのバランスも良いと思いますし、長く使えるという点でも評価ができます。

特にレザーは長く使うと、他の素材にはない深い味わいと愛着で、所有する喜びを感じさせてくれます。

ただ、価格が他のケースよりも高いので、悩む方も多いと思います。

この記事では、僕が購入してからちょうど一年半ほど使用した、iPhoneX用のApple純正レザーケースの、エイジング具合を紹介したいと思います。

instagramにはいくつか写真を上げているので、スライドしてみてみてください。

  1. 使い続けたら、蘇った質感
  2. Appleのロゴマークが存在感を放ちだす頃
  3. 使い続けた者だけに与えられる最後の栄光、エイジング

使い続けたら、蘇った質感

今年の1月ごろの時点では、「このまま黒くボロくなってしまうのでは・・・😓」という不安が頭をぐるぐる回ってました。
自分が想像していた以上に、黒ずみが進んでいるように感じたからです。
黒く変色した部分もちょっと水分を失っていて、ガサガサに。
そのせいで、質感があまり良くない状態になっていました。

そのまま使い続けること、半年。
俄然イメージが良くなってきました。
まず、黒くてガサガサだった部分は、艶が出て手触りがツルツルになってきました。

全体的な色合いも、全体的に赤みを増しながら艶を帯びてきました。
これがいい雰囲気です。

Appleのロゴマークが存在感を放ちだす頃

そして何より驚いたことは、Appleのロゴマークが浮き出してきたこと です。
もともと、ただ凹んでいるだけなので、全く目立たないロゴマーク。

それが、アタリが非常に良い形で表出してきました。
ロゴマークを縁取るように色づいた部分と、淵のキワだけに残る元色に近い色のコントラスト。
この色の差で、Appleのロゴが浮き出しているように見えるわけですね。

サドルブラウンというカラーだから、余計に目立ちます。
濃い色だったら、こうはならないでしょう。

これはここまで使い込まないと、見れない光景。
長く使ったご褒美ですね。

まとめ:使い続けた者だけに与えられる最後の栄光、エイジング


1年半ほどして、そのポテンシャルを発揮し始めた、Apple純正レザーケース。
サドルブラウンは経年変化が激しくて、それがメリットにもデメリットにもなります。

特に、水に弱いレザーであり、濡れてしまうと変化が著しくなります。

ただ、ここまでしっかりと使い続けると、とても良い感じのエイジングが得られることがわかりました。

今の時点で、まだまだ使いたいと思える、この質感とビジュアル。
これこそが、ハイ・コスト・パフォーマンスと呼ぶに相応しいのではないでしょうか。

Apple iPhone XS レザーケース(アップル 純正品)
series
【 Apple純正レザーケース定点観測 】
#iphone
#エイジング
#lifestyle
ChaosBoy

テーマは「脱・思考停止」。
コメントはtwitterでお気軽に。