僕の気に入っているシェイビングクリーム = EOS

現代社会で生きる人間にとって、欠かすことのできない習慣。

それはシェービングです。

男性にとっては、髭剃りは切っても切れない縁ですよね。

女性に至っては、身体の面積の大部分まで気を使っている人も少なくないはず。

それゆえ、常に悩みが付きまといます。

僕は、ヒゲが濃くはないのですが、やはり毎日剃らないと目立ってしまうことが悩みです。
かといって、頻繁に剃るものだから、カミソリ負けもしてしまう。

剃刀負けが嫌で使い始めた、電気シェーバー。
でも、あまり深ぞりできていないみたいで、夕方頃になると、どうしてもだらしない印象になってしまう。

やはり、カミソリでしっかりと剃るのがベターなのです。

そこで重要になるのが、シェービングクリーム。

深ぞりができて、カミソリ負けもしない。
それを実現してくれるクリームが、必要なんですね。

そんな理想のシェービングクリームを求めて、色々と試したのでした。

  1. 昔はダサい髭剃りグッズばっかりだったよね
  2. Bulldog(ブルドッグ)
  3. Muhle(ミューレ)
  4. EOS(Evolution of Smooth)
  5. まとめ:髭剃りの時間をリッチな時間に変えるために

個人的に、パッケージのお洒落さは、むちゃくちゃ大事。
不思議なもので、「おしゃれなものを使っている」という、たったそれだけでも、テンション上がるんですよね。

毎朝の儀式みたいなものですから、ポジティブなイメージは、めっちゃ大事だと思う今日この頃です。😃

昔はダサい髭剃りグッズばっかりだったよね


若かりし頃によく使っていたのが、schickのシェービングジェル。
涼感と言うのでしょうか、あれが苦手 で好きになれませんでした。

これは個人的な想いなのですが、香りもパッケージももっと良いものが欲しいと思ってました。
ずっと昔から。
きっと、そう思っていた同年代の方々は多いと思います。

当時の髭剃りグッズって、なんかオヤジくさい感じじゃなかったですか?
これ、不満に思っていた人も多いんじゃないでしょうかね。

なんと言うか、「男らしさ」って言う、謎のイメージを押し付けられる 感じ。

Bulldog(ブルドッグ)

Amazonでも気軽に手に入れられる、海外製のシェービングジェル。 海外のものを手にする最初のスタートに、うってつけの使いやすさです。

ブルドッグのシェービングジェルは、オーガニック と言うところが気に入りました。
「有害とされる化学物質を極力使わない」という流れは、海外製の良いところです。

あまり日本では気にされていない印象です。
最近でこそ、少しづつ意識が高まっていますが、まだまだいろんな添加物か加えられているものが多いです。

ジェル状なので、使い慣れた質感で、違和感なく使えます。

香りはするんですが、ニュートラルというか。
日本のお茶っぽい香り。

決して強い香りではなく、洗い流した後にはほんの少し香りが残る程度です。

強く主張するような個性はないが故に、普段使いの相棒にふさわしいものだと思いました。

Muhle(ミューレ)

パッケージも美しくて、雰囲気を演出してくれるのが、Muleというブランドの最大の魅力です。
クールで大人な男性を目指しているのならば、Muhleを選べば間違い無いでしょう。
きっと、期待に応えてくれるはず。

これを使ってるだけで、紳士になった気分を味わえましたので。

Muhleのシェービングクリームは、あわ立てて使うタイプです。
正しい使い方は、専用のブラシ泡だて容器でしっかり豊かな泡立ててから、顔につけて剃るという方法のようです。

なんというか、優雅😄

僕は、専用のブラシも容器も持っていません。
普通に手で泡だてて使ってました。
それでも、使い勝手が良くて十分に役割を果たしてくれました。

香りが絶妙で、ダンディー感があるんだけど、嫌な男らしさじゃない感じ。
男が感じる、「イケてる男からしそうな香り」です笑

僕はMuhleのT字カミソリを使っています。
公式サイトを見ていただければわかりますが、こだわり具合が素晴らしい。
髭剃り・カミソリ | ミューレ・シェービング 熟練職人の技とドイツの先進デザインが融合した髭剃りブランド

当然このクリームもカミソリと同様、しっかりとしたコンセプトで作られています。
ちょいと高めですが、髭剃りという面倒な作業を、「優雅な時間」に変えてしまうポテンシャルは、Muhleならではでしょうね。

EOS(Evolution of Smooth)

そして、たどり着いたのはEOS。
Muhleとは違うノリの、軽快なパッケージデザインが素敵です。

これが良いのは、クリームの質感がすごく良いです。
そのおかげで、肌へのダメージが少ないこと、またマッタリとした質感からか、深ぞりしやすいのがいい。

今回ラベンダーを試したことで、全ての香りのラインナップをコンプリート。

一番最初に買ったのは、ざくろの香り。

超おしゃれなシェービングクリームのEOSは肌の弱い方にもおすすめ
女性に人気のイメージがあるiHerbですが、男性用髭剃りなどもあります。パッケージがとてもカッコいいのを選べたりするので、一見の価値ありだと思います。バスルームでもお洒落に抜かりなきよう。...

次に、ココナッツ。
もう、南国感がハンパないです。
これは香りが強いので、好き嫌いは分かれそうですね。
僕は意外と大丈夫で、楽しんで使ってました。

で、一番気に入ったのは最近買った、ラベンダーです。
とにかく香りが好み。
決して弱い香りじゃないんですが、香っていて気分の良い強さで香ります。

まとめ:髭剃りの時間をリッチな時間に変えるために


長年ヒゲと付き合って理解したこと。
まず、電気シェーバーとT字の二刀流 が有効ということ。
最初に電気シェーバーでざっと剃ってしまって、仕上げをT字でする流れが、一番しっくりきています。

そしてもう一つ。
満足に髭剃りを成功させるには、シェービング・クリームの存在がとても大事 ということ。

シェービングクリームの質感で、だいぶ剃り味が変わります。
これは人それぞれ、肌に合ったタイプを見つけるのが良いと思います。

これまで良いシェービングクリームに出会えなかった方は、海外製にチャレンジしてみるのも良いかもしれませんね。

audibleが無料体験キャンペーンやってます

本をプロの声優や俳優が読み上げてくれる、素敵なサービスです。
人作品あたりは決して安価ではありませんが、品質が高いです。

個人的には、小説がおすすめのコンテンツです。

EOS シェイビングクリーム ラベンダー・ジャスミン
Social Share
ChaosBoy

テーマは「脱・思考停止」。
コメントはtwitterでお気軽に。