AppleTV 4Kのリモコンの使いづらさをなんとかしてほしい

AppleTV 4Kの最大の問題点は、リモコン。

デザインはかっこいいです。
操作感も非常に洗練されていると思います。
Apple純正アプリであればね。

薄すぎる本体とボタンの意味

見た目のデザインはさすが、美しいです。
薄くて手の中に収まって、全ての場所に指が届く。
少ないボタンは、シンプル。

しかし、その薄さは 掴みづらい。
トラックパッド部分に触れてしまって、誤タップする。
ボタンは少ないが、その ボタンが意味するものが理解しづらい。

シリコンカバーを着けて解決する

本体に被せるシリコンカバーが売ってます。
サクッとこれをつけて対策しましょう。

厚みが出るので、かなり握りやすくなります。
誤タップも減ります。

せっかくの美しい見た目をスポイルすることだけが、問題。

Youtubeアプリがまともに操作できない

youtubeアプリがまともに操作できません。
まず、フォーカスの移動すら、思ったように動きません。
致命的すぎる。

一年以上使ってきて、ずっと改善されないまま。
今後も期待できないでしょう。

YoutubeをAppleTV 4Kで見たい場合は、iPhone搭載のAppleTVのリモコンモードで操作するしかありません。

iPhoneのリモートアプリを使えということか

iPhoneに搭載されたリモートアプリであれば、かなり快適に操作できます。
Appleとしては、「iPhone使っとけ」ってことなんでしょうか。

以前までの「リモート.app」は廃止されました。
現在はコントロールセンターからAppleTVリモートの専用アプリが起動できます。

しかし、操作するのはかなり面倒に感じます。
テレビを見てる途中で、わざわざiPhoneを起動して操作しなきゃいけない。
物理ボタンじゃないから、iPhoneを見ながらボタンを押さなきゃいけない。
どう考えても利便性が悪いです。

なんとかして、リモコンを使いやすくして欲しいですね。

まとめ:AppleTV 4Kは発展途上

一年ほど使った実感としては、AppleTV4Kはまだまだ発展途上というイメージです。

昨日から、Homepodとの接続が突然おかしくなりましたしね😓

AppleTV 4KとHomePodを組み合わせて使う
AppleTVの音声出力をHomePodにしています。これだけで臨場感あふれる簡易ホームシアターといった感じになります。しかし、まだまだ使い勝手が悪い点も。...

AppleTV+のオリジナルコンテンツも、まだまだ少ない印象。

Fire TVからApple tv4Kに買い換えたのでレビュー
AppleTV 4K64GBを購入してわかったことは、家族で共有すると、とても便利!ただし、基本的な使い勝手はFire TVと大差はなさそう。...

単にコンテンツを再生するテレビではなく、Homehubの役割を担うために色々問題が出ている感じがします。

とはいえ、Homehubはまだまだ進化の可能性がありそう。
なので、この方向でどんどん改善を進めて欲しいところです。

Apple TV 4K (64GB)
Social Share
ChaosBoy

テーマは「脱・思考停止」。
コメントはtwitterでお気軽に。