我が家で進行中のApple統一計画。そのメリットを考えます

我が家にApple製品が増えてきました。
自分ではApple信者とは思っていないのですが、かなり集まってきましたね。

Apple製品は綺麗だし満足感が高いので、好きなのは間違い無いです。

そして実際のところ、しばらくはApple製品で統一していこうという流れで考えています。

その理由は「品質が高くて自然とApple製品を選びがち」なことと、「機器間の連携」やサービスの「ファミリー共有が簡単」なことです。

個人的には、Appleファンや信者ではない人や、機器に詳しくない人ほど、Apple製品で揃えてしまうことをお勧めしたいです。
知識がなくても、最良の状態を作ってくれますからね。

MacBook Air2018


これまでProを愛用してきたわけですが、刷新されたAirは一番自分に合っていると感じました。

MacBookシリーズの中で、最も中庸な立ち位置。
特徴が中途半端とも言われますが、それゆえに、ほとんどの人が満足できるパソコン だと思います。

全てにおいてProが優れているのかというとそうでもなく、Airの方が良い点もたくさんあり、とても気に入っています。

MacBookAir2018はスペックのバランスが秀逸。Proを買う必要はもうなくなった。
MacBook Air2018を使い込んだのでレビューします。きになるスペックは全く問題ないレベル。というか、MacBook Pro2018の13インチよりもはるかに気に入りました。...

iPadPro 9.7


iPad Proシリーズの初期の方のモデルですね。
もうすでに4年が経過する頃ですが、現役のiPadシリーズと同じくらいのスペックが搭載されています。

たくさんのデバイスがあると、iPadをどのように活用するのかが、悩ましいです。
(それなら買わなきゃいんですが笑)

我が家での役割は、基本的にはカーナビになっています。
高価なカーナビを購入するよりも、iPadを買った方が遥かにコスパが良い ですね。

iPadProに思う一般人にはいらないかもしれない理由
iPadProはもちろん快適だけどProでなくても良かったと思います。スペックの高さは確かにすごいけど、必要以上だったのかもしれません。...

Apple Watch(第一世代)


初代のApple Watchです。
ついにバッテリーの膨張により壊れましたが、有償にて復活させました。

AppleWatchのディスプレイが外れたのでサポートへ修理の依頼をした
Apple Watchがついに壊れました。有償での修理ですが買い替えではなく修理を選びました。対応がむちゃくちゃ親切な電話サポートはお勧めできますね。...

ちなみに、今更第一世代を復活させるメリットは、ほとんどありません。😅
ほとんど酔狂です。
今なら、安価なSeries3を買うのがベストでしょう。

iPhone(X/8/5s/4)


iPhoneは3Gから使っていて、それ以来違う機種を使っていません。
自宅には、見た目の美しい4と5sが捨てきれずに、引き出しに収まっています😄

しばらくは、iPhoneから乗り換えることはないでしょう。
やはり、触れた時に感じる素材の良さなどは、他の製品ではなかなか味わえないというのが大きな理由です。

自宅のApple製品間の連携が深まるほど、乗り換えるメリットが減ってきました。

iPhoneXを買うか悩んでいるあなたの背中をプッシュ!iPhoneXの持つ本当の価値を教えます。
「ほしいと思うなら、迷わず買うべき!」な理由をレビューします。iPhoneXを購入するのに小難しい理屈は全く不要ということがわかります。...

AirMac Extreme(第五世代)

去年、フリマアプリで手に入れたApple純正のwifiルーターです。
古いものなので、遊び半分で使ってみたところ、思った以上に快適で気に入りました。

とりあえず、全く不満はありませんし、トラブルもありません。
Apple製品同士だと 設定が非常に簡単なことと、機器の安定感、安心感で満足度が高かった です。

あえて2019年に買いたいスタイリッシュなWiFiルーター AirMacExtreme(第5世代)
AppleのAirMac Extreme(第5世代)は、令和元年となった2019年でも十分に戦えるスペック。機能的且つスタイリッシュで安いWiFiルーターを探している方はこれをお勧めします。...

活用度からすれば、「毎日、最もヘビーに使っている」ということになりますね。

Apple tv 4K(64GB)

amzonのFire tvから乗り換えるために買いました。
意外と見逃されていると思うのですが、価格の割にスペックが充実 していることがポイントです。

Fire TVからApple tv4Kに買い換えたのでレビュー
AppleTV 4K64GBを購入してわかったことは、家族で共有すると、とても便利!ただし、基本的な使い勝手はFire TVと大差はなさそう。...

他社製品と比較すると割高に感じますが、それなりの価値がありますね。

HomePod

Apple tv 4Kのホームシアターとして使うと、かなり迫力のある視聴体験ができます。
映画館でしか聞いたことのない、低音の震えがあります。

その特徴ゆえに、音楽再生だと魅力が半減。
しかし、スピーカー自体が秘めているポテンシャルは非常に高いと思います。

ソフトウェア面で微調整が可能になってくれば、どんなシーンでも使えるスピーカーに化けるような気がします。
とにかくスペックが高さに比して、価格が安いのはすごいですね。

最近買ったばかりです。
近いうちにレビュー書きますね。

プライバシー保護こそがApple製品で揃える真価


今、Appleが最もアピールしているポイントは、ユーザーの「プライバシーの保護」です。
ユーザーのプライベートの情報を外部はもちろん、内部でも機密にするという方針です。

なぜAppleがプライバシー保護をアピールし、それがユーザーに支持されているのかをおさらいしてみましょう。

ユーザーはプラットフォーマーにプライバシーを握られている

Google、Facebookなどのプラットフォーマーの、プライバシーの取り扱いに注目が集まっています。
彼らはユーザーのあらゆる情報を保持しており、それをどのように扱うかは、彼らに委ねられています。

Facebookは過去に、「集めた情報を中国に売ろうとしている」という噂も立ちました。
こう言った背景から、世界中でプライバシー保護の意識が高まっています。

Appleはユーザーのデータを徹底的に守る、という姿勢を取ることで、他社との差別化を図っています。

Appleがそのブランドを構築する上で、積み重ねてきた信頼。
それこそが、この主張の説得力を高めているというわけです。

まとめ:Apple製品の統一は利便性追求の結果です

些細なトラブルで時間を取られるのが、こう言った機器のあるあるですよね。
統一することで、この面倒なことから解放されます。

同じブランドであれば、デバイスが違っていていも、使い勝手は一定の統一感があります。
いちいち調べるような無駄な時間が不要ですね。

ただ、Apple製品だからと盲目的に買うのは違うと思っています。
あくまで、Apple製品と揃えることで大きなメリットを与えてくれること。

つまり、Appleを選んだのは「利便性の追求の結果」であることを忘れないようにしたいですね。

品質が下がったり、期待を裏切られるようなことがあれば、すぐに他のブランドに乗り換えるくらいのノリが大事です。

Apple TV 4K (64GB)
Social Share
ChaosBoy

テーマは「脱・思考停止」。
コメントはtwitterでお気軽に。