Alfredのスニペットがターミナルで動かない時の対処法

mac使いの永遠の定番、Alfred。

その中のスニペット機能。
かなり便利なのでよく使っているんですが、ちょっと不便な出来事に遭遇しました。

  1. Alfredのスニペットとは
  2. AlfredのスニペットがTerminalで機能しない
  3. 解決した
  4. Alfredを使ったことがない人は使うことをお勧めします!

Alfredのスニペットとは

スニペットとは、特定の文字列が入力されたことをトリガーにして、あらかじめ設定していた文字列を一気に挿入してくれる機能です。

例えば、
「@mail」と入力したら、
「chaoslover@なんちゃら.com」
に置き換えたりできるものです。

alfredのスニペットがTerminalで機能しない

その便利なスニペットが、Terminalの時だけ、機能してくれない。

Alfredの設定画面のスニペット欄を表示しながら、Terminalを操作していたら、赤文字でこんなエラーメッセージがAlfredの画面に出現。

ターミナル seems to be preventing text expansion by locking secure entry

翻訳すると・・・
「セキュリティで保護されたエントリをロックすることでテキストの拡大を妨げているようです」

なるほど。

このエラーメッセージでググったら公式サイトに説明文が載ってました。
Snippets and Text Expansion Troubleshooting - Alfred Help and Support

これは、macOS自体が安全な入力を有効にしたままになっていることが原因である可能性があります(たとえば、最近Macにログインしたとき、またはコンピュータを起動してパスワードを入力した後)。これは、Macを再起動するか、完全にログアウトしてログインし直すことで解決できます。

公式から抜粋

Macの「システム環境設定」 👉 「セキュリティ」の画面で、試してみたが、解決せず。。。

解決した


ターミナルのメニューの、上から3番目の 「キーボード入力のセキュリティを保護」にチェックが入っていた のが原因でした。
これを外しましょう。

いつの間にか、自分でオンにしてしまっていたようです・・・
なんとういう凡ミス😓

Alfredを使ったことがない人は使うことをお勧めします!

まさ、「痒い所に手が届く」という言葉がぴったり。
Macでちょっとした不便を解消してくれます。

仕事などでMacを使っている人ならば、生産性がアップすること間違いありません。

Alfred - Productivity App for macOS

無料で使えるので、まだの人はぜひお試しを。

ちなみに、AlfredにはPower Packという有償での機能拡張があるのですが、もちろん、購入しています。
このアプリが気に入っています。

#mac
#app
Chaos boy

テーマは「脱・思考停止」。
コメントはtwitterでお気軽に。