大画面こそが正義!MacBookPro15インチ2017をレビュー

僕はMacBook pro/15inchの2017年モデルを愛用しています。

乗り換えました👇

【MacBook】Pro vs 12インチ vs Airで悩んで結局Airを購入!
MacBookAirは一般的なユーザーに最適解なプロダクトです。12インチはモビリティに特化したエッジの効いたモデルです。決して価格だけでは決められない程、両者の特徴は違うものだと感じました。...

数パソコンの中でもMacBook Proは満足度の高いマシンだと思います。
というのも、まず、性能で不便なことがないからです。

  1. 自己満足っぷり全開のハイスペック
  2. 大画面こそが15インチの武器

Appleの認定整備済製品を狙っている人もいるかと思うので、何かの参考にしていただければと。

自己満足っぷり全開のハイスペック

15インチはMacBookシリーズの中でも、上位の機種となります。
かつてはノートは非力なイメージでしたが、MacBookProに関しては全く当てはまりませんね。

ビデオ作品を作る人や、Photoshopなどを使うデザイナーなどクリエイティブな用途でも、問題ないレベルで使えます。
職人的なプロフェッショナルに最適な機種だと感じます。

それだけに、普段の利用でのストレスを感じることは、まずありません😎

普通に使うなら高すぎなくらいのスペック

というか逆に、一般的な使い方では オーバースペック気味 です。

僕自身、この性能をがっつり引き出すような作業は少ないです。
たまにビデオ作ったりすることもあるので、そういう場面ではとても役に立つわけです。
が、日常的には性能をフル活用する場面はほぼありません。

僕の場合は、単なる自己満足ですねw

大画面こそが15インチの武器

大画面というのは、仕事をこなす上ではやはり便利に働くケースが多いです。
特に、複数のアプリを起動しておく必要がある 場合には、その広大さが作業効率アップに寄与します。

15インチは外部ディスプレイがなくても、十分便利に使えるサイズだと思います。

ノートブック型という矛盾

この、大画面とトレードオフしなければいけないのは、重さ。
ノートブック型にも関わらず、頻繁に持ち歩くには若干の辛さを伴います。

ずいぶん軽くなったとはいえ、2kg近くあります。

個人的には、これが「持ち運んで使う」というモチベーションを、めっちゃ下げている要因になってますね😓

まとめ:15インチは間違いない

お金があって、スペック至上主義ならば迷わず、15インチ。
なんせ、性能においてストレスに感じる心配がほとんどないです。

逆に、「コスパがいいのかどうか」という点では、微妙です。
個人的には性能を持て余しているので、高い15インチである必要はなかったんですが・・・。

「ハイスペックを持っている」という気持ちよさを味わえる人にとっては、コスパいいのかもしれませんw

MacBook Pro 15インチ Touch Bar モデル: 2.6GHzクアッドコアIntel Core i7プロセッサ
#mac
Chaos boy

テーマは「脱・思考停止」。
コメントはtwitterでお気軽に。