MacBook Air2018の不便だったところ

この記事では、MacBook Air2018を使っていて、「ちょっと不便だな」と感じる部分について書いてみます。

とはいえ、MacBook Airはむちゃくちゃ気に入っています。
総合的な満足度で言えば、MacBook Pro2018/13インチよりもAirの方が高い。

絶妙な立ち位置だけに、スペックや使い勝手などで購入するか迷う方もいるかと思います。
実際に使った感想などをまとめてみたいと思います。

  1. 買ってから一番最初の起動からの動きが重い
  2. 画面復帰直後にアプリケーションの切り替えがもたつく
  3. 言語切り替えのショートカットがちょい不便
  4. まとめ:スペックが全てじゃない

Macbook Air2019が出ちゃいました。
僕は2019年の年始に購入してしまいましたよ、2018年モデル。

しかし、2019は画面以外のスペックはほぼ一緒とのこと。
まだ、参考にしていただけると思います。

買ってから一番最初の起動からの動きが重い


最初、AppStoreからのアプリケーションのインストールが全く終わらなくて、スペックの洗礼を受けたかに思えました。
会社から支給されたMacBook Pro2018/13インチの初期設定では、全くそんなことがなかっただけに、ちょいと後悔しそうになりました。

うーんと思って、少しググってみると。
どうやら、Airに限らずMacの初期起動は時間がかかるもの とのこと。

考えてみれば、会社支給のマシンはすでに起動されていたあと。
すべてのバックグラウンド処理が終わっていたから、早かったんですね。

本当に最初の最初だけなんで、困ることはあまりないと思います。
ただ、こういった場面の端々で、スペックの弱さを感じるところがあるかも知れませんね。

画面復帰直後にアプリケーションの切り替えがもたつく


Cmd + Tabでアプリの切り替えを頻繁に行います。
これが、画面ロックから復帰直後だと、切り替えウィンドウの起動が遅いです。
ワンテンポ遅れるだけで、違うアプリを指してしまったりするので、不便なのです。

たかだか、1秒から2秒程度の遅れ。
しかし、それまでの機種では問題を感じなかった動作ゆえに、ちょっとづつストレスがたまります。
慣れとは怖いものですね。

ただこれ、Airだけの問題じゃないような気がしてます。
仕事で並行して使っている、2018Pro13インチでもたまに起こる気がします。

Chrome

10日間ほど、再起動をせずに使い続けていました。
Atomというエディタで作業しているところで、急に挙動が重くなりました。
一番メモリを食っていたChromeを再起動したら復活。

流石に、様々な作業を並列して起動しておくと、あまり良い結果にはならないようです。

言語切り替えのショートカットがちょい不便


これは、Air特有のものではなく、Mac全般のこと・・・

cmd + spaceのキーを、入力言語の切り替えに割り当てています。
昔のMacはデフォルトでこのショートカットキーだったのですが、今ではspotlightの起動となっています。

昔のやり方で慣れている人は、キー割り当てを変更している人も多いことでしょう。

しかし、この変更を適用してから、どうも言語切り替えがスムーズにいかない。
何回か押さないと切り替わらなかったり、変換がうまくできなかったりと・・・地味にイライラしました。

言語切り替えのショートカット割り当てが、Siriのショートカットと干渉してた

Macにもsiriが搭載されています。
デフォルト設定でのsiriのショートカットは、cmd + space(長押し)
こいつが干渉して、妙な挙動をしていた模様です。

なので、siriのショートカットキーを別のものに変更したら、問題が全て解決しました。

Siriのショートカットって、そんな重要なキーを割り当てるほど使わないんじゃ・・・

まとめ:スペックが全てじゃない


Airへは、MacBook Pro2017/15インチからの乗り換え。
しかし、今のところ不満がないのです。
いや、むしろ、すごく良いと感じています。

実質的には、スペックを落としたわけで、多少の不便を覚悟していただけに、自分でも驚いています。

むしろ、会社で使っているMacBook Pro2018/13インチ。
これなんて、「ん?」と思うところが多々ありますね。

会社のProはすぐに熱を持ってしまって、使っていて不快な感じが多いのです。

会社で導入している、セキュリティソフトの影響かも知れません。

その点、Airは本体が熱くなることは、ほとんどありません。
省エネのCPUの強みですね。

MacBook Air2018は、スペックと使い勝手のバランスが素晴らしい。
良いマシンであることは間違いないと思いますよ。

Apple製品は中古から良品を探す

Apple製品の購入検討をするときには、まずは中古から探すようにしています。

状態の良い「掘り出し物」が見つかったりします。

紹介コード 👉 BDHJGT

メルカリは、商品点数の多さが魅力です。

ご興味のある方はどうぞ。

Social Share
#mac
ChaosBoy

テーマは「脱・思考停止」。
コメントはtwitterでお気軽に。