money

お金がないからこそ生きてくる、結婚するメリット。貧困世代でも資産運用できそうだと思った。

ふと、結婚のメリットは、「お金を残すことができる」ってことなんじゃないかと思いつきました。
あ、ここでいう結婚の前提は、「共働き」です。

僕自身、基本的に貯金の無い、独身暮らしでした。
そして、何も考えず好きなものを買ったりして、ただでさえ無いお金を浪費してきたんですよね。

それが、共働きの夫婦になった時に、キャッシュは残りやすくなるのを実感しました。
(つか、それまでが貧乏過ぎなのかもしれない😢)
今では、少しは貯蓄もできています。

お金が残る理屈はシンプルで、世帯の収入が増えたからです。

これまで浪費家だった僕と僕の奥さんですが、これを機に、お金を貯める、そして増やすと言うことにチャレンジしてみることにしました。

  1. 結婚は貧困世代がお金を残すにはいい方法かもしれない
  2. お金があると散財しちゃうんですよね😅
  3. 「お金のこと」を新しい趣味にしてみよう
  4. 不労所得で月10万円もらえたら嬉しいよね

結婚は貧困世代がお金を残すにはいい方法かもしれない


ニュースなんかでもよく耳にするようになった、格差社会や貧困。
かく言う僕も、就職氷河期世代、いわゆるロストジェネレーション。
御多分にもれず、お金を残すことはおろか、ギリギリの生活を送っています。

就職氷河期世代については、こちらの方がうまくまとめてくださっています。

アラフォーで年収400万無いくらいですから、夢が持てない若者がいることも、理解できます。
そんな僕もついに結婚しました。
そして気づきました。
結婚のメリットの一つは、ちょっとだけ生活が豊かになるということ。

単純に収入が増えるわけです。
食費や家賃などの生活費を支払っても、一人暮らしと比べるとコスパがとても良くなります。

ここで、僕らのようなちょっと浪費傾向の強いカップルだと、お金をついつい使ってしまいがちです。

お金があると散財しちゃうんですよね😅


年齢が上がってくると、それまでそこそこ自由にお金を使ってきていることに慣れちゃってます。

だから、目の前に使えるお金があると、ついつい使う事ばかり考えてしまったりします。
「ちょっと良い家具が欲しいな」とか「大人だし少し良い部屋住もうかな」とかね。
うまい飯とか、ちょっとだけ高い服とか。

そう、薄々気づいてたけど、見ないことにしていた、これが貧乏のスパイラルです

逆に言うと、これらに使っていたお金があるなら、こんな僕でも少しは、お金を残せるじゃ無いか?
ちょっとした工夫だけで、自然と結構なお金が残るんじゃ無いかと。

「お金のこと」を新しい趣味にしてみよう


それまでは、「自分へのご褒美」だとか「仕事へのモチベーション」とかで、高価なものや趣味に費やしていたお金。
これらに代わる「新しい趣味」として、資産運用を追加してみようと思いました。

これ、始めてみるとわかるんですが、趣味としては申し分ないほど深く面白いものです。
知識を深めるほど、学ぶべき教養を得ていく実感があります。

日本は資本主義国家。
僕らは、経済を学ばなければ始まらないってくらい、社会の根幹にお金が関わっています。
それらを学ぶだけでも十分面白いのです。

なんせ、それまでお金にまつわる学びなど、全くしてこなかったので、より新鮮で楽しい。
っていうか、なぜ義務教育でお金の勉強をしないのかなぁ。
英語よりもお金の勉強が先だと思うんだが。

もちろん、資産を増やすと言うかなり直接的な楽しみもあります。

不労所得で月10万円もらえたら嬉しいよね


さて、せっかくの趣味なので、ちょっとした目標を立ててみました。

そこで、 月10万円くらいの不労所得になったら嬉しいよね というコンセプトで資産運用を開始することにしました。
正直なところ、素人すぎて月10万円の不労所得が具体的に何によってもたらされるのか、現段階ではなーんにも分かっておりません!😄
この辺りを学んでいくのも、楽しみの一つというわけです。

まぁ、宝くじに当選という夢をみるよりも、実現可能な範囲と言えるんじゃないでしょうか。

だいたい資産が1000万円くらいになってくると、投資の恩恵を受けられるようになるらしいです。
なので、まずは1000万円ほどの金融資産を保有することが目標です。

next...
#brain washed generation

会社のコミット思想についていけない方、あなたは正常だと思います、うん

過払金の手続きが終わりお金が戻ってきたのでまとめてみる