【楽天経済圏】面倒なポイント管理をやめる!効率的に一元化して得をする

ある日の会話。

で、楽天経済圏ってなに?

楽天系サービスでほとんどを済ませると言うハックで・・・

楽天ポイントがむちゃくちゃたまる 👉 ポイント使う 👉 たまる

それは分かります(笑)
買い回りでもめっちゃポイントつく

楽天市場、カード、銀行、証券などなど・・・
連携させると超強力でございます

あーーーそういうことか!

証券との連携が特にアツいです
nisaをカード払いでポイント還元ありです。

銀行とカードと証券でダイヤモンドランクも楽勝コース

それ私も乗ってみようかな(笑)

ぜひ
やり方とかブログにまとめようかなー

ポイントの管理は超めんどくさい

「ちまちまとポイントをあれこれするんでしょ」
「得することは理解できるが、たくさんのポイントをいちいち管理してらんない」

多種多様なポイントをこまめにやりくりすることができる人は、それを趣味として楽しんでいる人。
でも、大抵の人にとっては、面倒なことでしかないですよね😓

そんな思いの人が、楽天経済圏を検討するのはベストなチョイス。
それは、貯めるポイントを楽天スーパーポイントに絞ることで、自動的にチャリンチャリンしてくれるマッシーンを作るようなものだからです。

つまり、

  • 考えず、
  • 手間をかけず、
  • 普段通りに暮らすだけで、
  • 勝手にポイントがたまる

という理想的なパターンを作ります。

  1. 楽天経済圏って何?
  2. 楽天経済圏というポイント収穫マッシーン構築
  3. まとめ: 家族のポイントハックに楽天経済圏を活用しています

ここではまず、楽天経済圏のメリットと、実現可能なのかを判断できるように、まとめていきます。

また、実際に始めるにあたっての、大まかな流れを紹介します。
詳細についてはシリーズ化して、別の記事にまとめていきますね😄

楽天経済圏って何?

楽天経済圏とは、「楽天周辺のサービスを徹底的に使い倒すことにより、超効率的に楽天スーパーポイントを貯めるサイクルを作り出す こと」です。

ポイントもうまくやれば、年間数万円くらいは還元が可能だと思います。
それを実現するには、支出の流れを一部に集約すること。

つまり、生活にまつわるものの支払いなどを、楽天関連に集約することが大きなポイントになります。

楽天は多岐にわたるサービスを展開しているため、生活に関わるほとんどを完結することが可能。
各サービスを連携することで、ポイント取得の高還元率化も達成され、さらに効率よくポイントを貯めることができます。

というわけで、楽天経済圏の始めるにあたって、具体的な流れをいかに

楽天経済圏というポイント収穫マッシーン構築

楽天経済圏を作るには、楽天系サービスを利用していく必要があります。
つまり、アカウント開設が必要。
これらは、何も考えずに、順番にこなしてしまうのがおすすめです。

オススメの手順は以下の通り。

  1. ハピタスに登録(ポイントサイト)
  2. 楽天IDの取得
  3. 楽天カード発行
  4. 楽天銀行のアカウント開設
  5. 楽天証券のアカウント開設
  6. 楽天ポイントクラブをインストール&ID連携
  7. 楽天リーベイツをインストール&ID連携
  8. フリマアプリはラクマを使う
  9. 楽天モバイルも検討
  10. その他の楽天系のサービスに乗り換える

ざっくりいうと、前半は口座開設。
後半は、プラスαで利用するアプリなどのサービスの紹介です。

この中でキモとなるのが、楽天カードと楽天銀行、楽天証券。
この3つはスーパーポイント獲得と、スーパーポイント以外で受けるメリットを、さらに加速するのに有効です。

例えば、楽天銀行。
給与払込口座に設定すれば、他銀行振込やATMの手数料の無料枠が拡大したりします。

前半のやり方について

後半のやり方について

まとめ: 家族のポイントハックに楽天経済圏を活用しています

実は・・・僕は経済圏を完全には享受できていません😓
というのも、証券口座をSBI証券にしてしまったからです。
(とは言え、一部でもメリットを享受できます)

なので、奥さんのアカウントでは、この経済圏の仕組みを構築済みでございます。

楽天経済圏の根本的なメリットは、ポイント獲得の自動化

この仕組みだけ構築してしまえば、奥さんはほとんど何も意識せずに、楽天ポイントの恩恵を享受できるというわけです。

自分は色々なサイトを活用してポイントをハックできるのですが、家族はそんなめんどくさいことしてくれません。

つまり、ポイントなんてめんどくさい人や、家族ぐるみでポイントハックする にはぴったりというわけですね。

#investment
#世間話
ChaosBoy

テーマは「脱・思考停止」。
コメントはtwitterでお気軽に。