オーディブルはシーンによってブックを変えることで何倍も効率的に楽しめる

Audibleを2年ほど使いました。
長く使っていると、かなり使いこなしができるようになってきます。

聞きたいコンテンツに、向いているシチュエーションと、そうでないシチュエーションがあることが分かってきました。
読み聞かせというAudibleならではの特徴とも言えそうです。

  1. 通勤にぴったりなジャンル
  2. シチュエーションを選ぶジャンル
  3. 資料が多い本は向いてない
  4. 長時間の移動に向いているジャンル
  5. まとめ:小説系は世界観にはまれるので好きです

audibleのメリットやデメリットについてはこちら👇

Audbleで月3冊の読書量が確実に確保できた。2年間使ったのでレビューしてみる
本よりも遥かに簡単に読書を習慣化する「目も両手も使わない読書」Audible。2年間使い続けたのでメリットとデメリットをレビューします。...

通勤にぴったりなジャンル


通勤などの場面では、こまめに移動したりと、聞くことばかりに集中しづらい時があります。
そういう時には、コンテンツが細切れになっているものが聞きやすいですね。

  • 歴史学
  • 自己啓発系
  • 金融系

この辺りは体感的に聞きやすい印象です。
他にも、チャプターが細かく別れているような作品とは、相性がいいと思います。

意外にも小説がgood👍

小説のいいところは、先が気になるところ。
憂鬱な通勤の時間も、小説の先が聴けると思うと、ちょっとワクワクしながら過ごせますよ。

資料が多い本は向いてない


あと、たまに「リンク先の資料にあるとおり・・・」っていうのがあります。
本の時に付いていた資料や図などが、ウェブサイトで見られるようになっているようです。

でもね、見るわけがねぇ(笑)
どうせみるなら、もはやkindleでみた方が早いような気もするし。

Audbleで月3冊の読書量が確実に確保できた。2年間使ったのでレビューしてみる
本よりも遥かに簡単に読書を習慣化する「目も両手も使わない読書」Audible。2年間使い続けたのでメリットとデメリットをレビューします。...

とはいえ、僕が選んだ作品で出くわしたのは、多くても一冊に2回程度だったと思います。
許容の範疇ですが、今後の改善には期待したいですね。

シチュエーションを選ぶジャンル


エクササイズ系、瞑想を促すタイプのオーディオブック。
体操とかそういうのは、聞きながら体を動かしたいので、通勤などには向いてません。
逆に、運動する気で聞いているなら、めっちゃやりやすい。

聞くだけ聞いて、「覚えておいて後でやろう」と思いましたが、無理!

長時間の移動に向いているジャンル


新幹線や飛行機での長時間移動などでは、小説がいいと思います。

ここでプロの技術が冴える!
情緒豊かに読み上げてくれる事によって、シーンが鮮明に思い描けて楽しいです。

また、いろんな場面での楽しみ方を開拓したいですね。
夜中のドライブ中に怪談を聞く とかね。
もともと怪談は聞くものかw

まとめ:小説系は世界観にはまれるので好きです

健康知識系は、あまり集中力が持たなくて、途中でやめちゃうものが多かったです。
なんでだろ。

逆に、小説系はどっぷりと世界観にのめり込めるので、気に入っています。

まだ経験していませんが、ひとり旅の列車の中なんて、結構楽しめるんじゃないかと思います。
もちろん、本もリンクしたものにしてね。

Audible (オーディブル):本は、聴こう。|ボイスブック配信サービス|Audible.co.jp
#app
#amazon
#lifestyle
Chaos boy

テーマは「脱・思考停止」。
コメントはtwitterでお気軽に。