マネーツリーとマネーフォワードとザイムのどれが良いか

これまで、マネーツリーを愛用して来ました。
しかし、自分を含め家族の分もidecoやNISAを始めたところ、管理すべきお金の流れが増大。
登録口座数が増えたことで、把握がしづらくなってきました。

ジュニアNISA口座を作るときに必要な子供用のメールアドレス取得と銀行口座
子供用のメールアドレスや銀行口座の取得は選択肢が限られます。幼児だとさらに選択肢がないのですが、その中でもベストと思える組み合わせを実践することができました。...

2019年の「キャッシュレス祭り」の波を乗りこなすために、たくさん入れた、Payアプリ
自分と妻、子供の 複数のネット銀行口座
個人的な趣味として、証券口座仮想通貨アカウント も持っています。
なにげに意識が薄れがちな、自動車ローン。

SBIネット銀行のカーローンを申請してみた
派遣社員が住信SBIネット銀行のカーローンを申請した結果・・・無事に通りました。その流れと詳細をレビューしています。...

こうやって色々連携すればするほど、情報が多くなり、お金の流れが分かりづらくなってしまったのでした。

また、大好きなマネーツリーですが、連携できない口座が多いのが弱点!
メジャーなものは、ほとんど大丈夫なのですが、ペイアプリなどになってくると、連携できないものが多いです。

となると、マネーツリー上で「見えるお金」と「見えないお金」ができてしまいます。
これが、なんだかすっきりしない。
逆に把握しづらさが目立つようになったという訳です。

そこで、「もっと、自分のライフスタイルに合うアプリを見つけよう」と思い、有力なお金管理系アプリ を試してみました。

  • Moneytree(マネーツリー)
  • MoneyFowardME(マネーフォワード)
  • Zaim(ザイム)

使い勝手を知るには、実際に使ってみるのが手っ取り早い。
これらを全て、2ヶ月ほど併用してみました。

ベストは「Moneytree+マネーサポート」の組み合わせ


僕は、

  • 「日常のキャッシュフローをMoneytreeで」
  • 「積み立て資産をマネーサポート(楽天銀行)で」

という、二つの軸でツールを使い分けることにしました。

一つのアプリで両軸の管理するのは、確かに楽。
しかし、デメリットがある事に気付きました。
それは、「全部がひとまとめだと、情報を整理しづらい」 という事。

ならば、「別々のアプリで管理しちゃえ!」というわけです。

Moneytreeで管理するもの

Moneytreeは、自動での家計簿記録が優れています。
口座残高とクレジットカードの利用状況のチェックに使います。

  • 銀行口座
  • 証券口座
  • クレジットカード

連携できるアカウントは幾つでもOKなので、家族の分も丸ごと管理しています。

各社のポイント

ポイントも可能な限り楽天スーパーポイントに集約させているので、多種多様なポイントを把握する必要がなくなりました。
ポイントに関しては、「シンプルなものに収束させる」というのが、一つのベストプラクティスかもしれません。

仮想通貨

仮想通貨に関しては、ほとんど値動きを気にしたりしないので、放置状態で良しとしました。

ペイアプリ

ペイアプリ系も増え、当然管理できたら便利です。
しかし、お得なキャンペーンもひと段落感がありますね。

そうなってしまうと、無理にペイアプリをかます必要性がなくなります。

個人的には、ApplePay(クレジットカード連携)の方が使い勝手が良いので、そちらにシフトしています。

マネーサポートで管理するもの

そして、証券口座は楽天銀行のマネーサポート。

そもそも、idocoや積立NISAのような「毎月積み立てる形の資産」については、頻繁に確認する必要がありません。

それどころか、チェックしない方が精神衛生上良い場面もありますね。
相場というのは上がり下がりしますので、それで心が乱れてしまう人もいるでしょう。

別のアプリだから一時的に 「資産の存在を忘れることができるというメリット」 もあるのです。

Moneytree:シンプルは正義


細かいことはあまりできないけれど、すべて自動で良い感じにしてくれるのがMoneytreeですね。
お金の流れの「全体像をざっと把握できる分かりやすさ」は、他のアプリよりも抜きん出ています。

魅力は、シンプルさと、「洗練されたデザインによる使い勝手の良さ」です。

なんと言っても、無料で十分な機能を使える ところ。
もちろん広告はなし。

有料のプランもありますが、法人向けのサービスです。
僕のような一般ユーザーにとっては、不要な機能と言っても良いでしょう。

家計簿Moneytree無料で人気の簡単に節約できるアプリ

連携するアカウント数に上限はありません。
なので、何も考えずに口座をガンガン連携が可能です。

最初は、「シンプル過ぎてわかりづらい」という人もいるかもしれません。
しかし、使い慣れてしまうと、この視認性とスピーディーな使い勝手は、他では味わえない と思います。

使った品目の自動振り分けの精度が高いため、家計簿アプリとしてもとても優秀。
何もしなくても、ざっくりといい感じにまとめてくれます。

Moneytreeは詳細分析には不向き

ただ、シンプルゆえに、できることが他アプリよりも少ない事には注意が必要でしょう。

資産の分布を円グラフで表示させたり、項目ごとに履歴をまとめて見たりができません。
よって、詳細な分析をしたり、シビアに資産管理をしたい場合には向いていません。

でた!Moneytree期待のGrowプランを契約

個人ユーザーでも、「あとちょっと機能があれば・・・」と思っていたMoneytreeに、ちょうど良いプランが登場しました。
すぐに登録して、使い始めています。

新サブスクリプションサービス「Moneytree Grow」が登場 | Moneytree

これまでのMoneytreeの良さは、「資産全体を把握しやすい」という点です。
逆に、一ヶ月単位の収支の把握はしづらいものとなっていました。

今回の新プランは、月単位の収支の把握を劇的に改善したもの と言えそうです。

Growプラン:一般ユーザー向けの有料サービス

これまでの無料プランよりも、ちょっと機能アップした形でGrowプランがリリースされました。
月額360円(年払いで3600円)のサブスクリプションです。

Growで使えるようになる機能は、以下の3つ。

  • カテゴリ別予算設定
  • 月次レポート
  • データ出力(XLSX, CSV)
  • データのバックグラウンド更新

有料サービス機能比較 | Moneytree

この中でも、目玉の機能である「カテゴリ別予算設定」と「月次レポート」の使用感について、触れておきたいと思います。

カテゴリ別予算設定

仕分けカテゴリに一ヶ月あたりの予算を設定し、それを超えそうになるとアラートがきます。
僕は、外食を10000円に設定しています。
8000円を超えたあたりで、アラートが来ました。

月次レポート

前月の1ヶ月分の収支レポートを表示してくれます。
無料プランでは、現在の収支を確認できるだけだったのが、月単位での収支を見られる ので非常に便利です。

無料プランでは、総合的な状態は確認できるものの、分割払いなどは、まとめて負債として表示されていました。
資産全体見るのには便利ですが、月単位のお金の動きが把握しづらいかったのです。

Growプラン契約以前の、過去のレポートはされないようです。

MoneyForward ME:有料化しないと使いづらい


豊富な機能と、連携できるサービスの多さが群を抜いています。
仮想通貨のアカウントまで連携できるのは非常に強い。

無料家計簿・お金の見える化アプリ│マネーフォワード ME

  • 仮想通貨口座
  • ペイアプリ
  • ポイント連携数多い

無料では、10アカウントしか連携できません。
普通の人であれば、銀行口座やクレジットカード、証券会社などを連携すると、結構な数に上るかと思います。
また、魅力である詳細なグラフ表示も無料では制限があり、満足のいくビジュアライズはされません。

本格的に管理するとなると、確実に有料にする必要があるでしょう。

MoneyForwardの有料版は価値がある

サブスクリプションの金額は、月額480円。
さて、この金額の価値があるかと言えば、あると思います。
口座数の上限がなくなるのはもちろん、これまでの資産の推移を、見やすいグラフなどで表示できます。
「プロからのアドバイス機能」などを使ってみるのも、良いかもしれません。

つまり、お金の流れをしっかり分析したい方にとっては、かなり使える機能が満載 という事です。

逆に、分析しない人には、余分な機能。
僕は、分析よりも全体感の把握がしたかったので、有料版はお試し期間で解除する事にしました。

Zaim:THE家計簿


MoneyForward ME並の機能を持ちつつ、家計簿に特化 している印象です。
よって、「詳細に家計簿をつけたい」という方や、「支払いは現金派」の方にとっては重宝すると思います。

株式会社 Zaim | コーポレートサイト

有料で機能を提供しているMoneyForward MEと違い、Zaimは 無料で豊富な機能を使うことが可能 です😄
デザインもよく整理されており、アプリ全体の優しい感じでとっつきやすいです。

しかしながら、クレジットカードの利用歴からの自動的な家計簿化が、致命的に感じました。
丁寧に設定しておかないと、自動振り分けが満足いくように機能しません。
はっきり言って面倒に感じてしまいました。

Zaimは家計簿として貴重な存在

マネーツリーとマネーフォワードは、家計簿という点はそこまで推していないです。
その点、Zaimは家計簿の機能を充実させています。
手動で柔軟に記録していけるため、細かな現金の出納を記録できたりします。

普段、家計簿をつけている方には、とても向いていると思います。

ユニークだったのは、カレンダー機能。
その日に使ったお金を見られたりするので、浪費していく様を客観的に見つめやすいです。
節約や倹約意識を高めるには、とても良い機能ですね。

マネーサポート:隠れた楽天銀行の良アプリ


楽天銀行のサービスで、マネーサポートというものがあります。
楽天銀行ユーザーであれば、無料で使える資産管理ツール です。

無料資産管理サービス「楽天銀行のマネーサポート」 | 楽天銀行

これが意外にも高機能で、便利です。
接続できるサービスは、仮想通貨アカウントこそ連携できないものの、数多くのアカウントと連携可能です。

円グラフで表示できるので、株式などのポートフォリオ管理にも良いかもしれません。
僕はidecoやNISAなどの資産の統計ように、このサービスを利用しています。
やはり、円グラフで、証券の比率をざっくりと見られると便利です

また、Wealth NaviやTHEOなどのロボアドもちゃんと抑えています。
特にTHEOはMoneytreeではフォローされていないため、併用に向いています。

マネーサポートの不便なところ

家族など、「自分以外の楽天銀行の口座を登録できない」 ところに注意です。
他の銀行の口座であれば、問題ありません。
本人のみ限定する意味もないと思いますが・・・

もう一つ、微妙に不便なところは、自分の楽天銀行口座を連携から外せない ところです。
デフォルトで連携しっぱなし。
当然と言えば当然っぽいですが、例えば「株式資産のみを管理したい」と言ったことが出来ません。

まとめ:ユーザーの期待を裏切らないMoneytreeが好き


Moneytreeは、無料で十分な機能を使えるところです。
広告も出ないし、UIのシンプルさやデザインの良さが素晴らしい。

MoneyFowardとZaimは、「有料へのアピール」が強すぎる気がしました。

出て欲しくないところに広告が出てきたり、メインの機能にアクセスできるのに、使えない・・・
無料でできないのであれば、最初からアクセスできなくていいのにって感じてしまいました。

Moneytreeは、料金プランもシンプル。
全体的に、クリーンな雰囲気が気に入りました。
やはり、これからもメインで愛用していきます。

Social Share
ChaosBoy

テーマは「脱・思考停止」。
コメントはtwitterでお気軽に。