gizmo

Kindleでwebページを文章化して読む方法

ニューモデル出ましたねぇ・・・
防水とか最高すぎる・・・

Kindleで見られたら便利だなぁと思うものは、webページです。
もちろん、パソコンやスマホでみられるんですが、「Kindleで読みたいな」というシチュエーション、ありませんか?
読み応えのある長文とかだと、文章が読みやすくて、疲れにくいKindleで読みたいんですよね。

Kindle Paperwhiteで、webページを見る方法は二つ。

  • Kindleに搭載されたブラウザを使う
  • Kindleに文章を送る

このどちらかです。

  1. Kindleの基礎知識1:専用のメールアドレスがあります
  2. Kindleの基礎知識2:ブラウザを搭載してます
  3. webページをPDF化してKindleに送る
  4. Push to KindleでKindleに送る!
  5. reabbleっていうRSSサービスでもできるらしい
  6. instapaperからKindleに送る
  7. まとめ:Kindleに色んなファイル送って読んでみるのは面白そう

Kindleの基礎知識1:専用のメールアドレスがあります


Kindleには、デバイス固有のメールアドレスが付与されています。
そこ宛てにファイルを添付したメールを送信すると、Kindleでファイルの閲覧が可能になります。

手元にある文書ファイルがPDFなら、この方法で快適に読むことができます。

Kindleの基礎知識2:ブラウザを搭載してます


Kindle Paperwhiteはwebブラウザも搭載しています。
が、スマホやタブレットとは全く別物。
タッチや読み込み、画面の表示レスポンスが非常に遅くて、実用に耐えません。

今後の発展に期待しときましょう。

webページをPDF化してKindleに送る

webページを、何らかの文章ファイルにして送ってしまえば読めます。
最初に思いついたのはPDF。

PDFになってるドキュメントは普通にKindleで読めました。
なので、「webページもPDF化さえできれば・・・!」と思ったのですが、簡単にはできなさそう。
諦めました。
安易すぎたか・・・

Push to KindleでKindleに送る!


Push to Kindleという、ブラウザのエクステンションがあります。
chromeとsafariどちらでも対応しています。
(スマホでも動くのかな??)

これは、今開いているページをKindleに送ってくれます。
ブラウザ上のボタンを押すだけなので、超気軽。

しかし、画像データなどで重いページの場合は、注意です。
送れるサイズに上限があるようで、それ以上になると、送信がエラーになってしまいました。
うーん、ボリュームのあるコンテンツこそ、Kindleで読みたいんだがなぁ・・・😓

reabbleっていうRSSサービスでもできるらしい


どうせだったら、RSSごと呼べないかなーと思い立ちました。

どうやら、「reabbleというサービスを介してRSSリーダー参照する」ことで、Kindleで表示することが可能とのこと。

この方法だと、二つのサービスを併用する必要があるようです。

仕組みを整理してみると、
InoreaderというRSSリーダーに登録された記事を、reabbleというwebサービスが、Kindleでみやすいように整形。
それをKindleのブラウザに表示してくれるというもの。

僕のメインのRSSリーダーが違うので、若干不便な気がしましたが、トライ。

Rssリーダー自体は以下のものを使う必要があります。
Inoreader - The content reader for power users who want to save time.

reabbleを使う
Reabble - Read RSS Feeds on Amazon Kindle

早速使ってみたんですが、ページのロードが全然終わりませぇん😢
何でや。。。

instapaperからKindleに送る


「灯台下暗し」というのはこのこと。
instapaperにKindleに送信する機能が備わっておりました。

なかなかの高機能で、送信するタイミングを設定できたりします。
例えば、「毎週月曜日の19:00に登録されたページを送信する!」とか。

設定画面はこんな感じ。

Kindle Email AddressにKindle用のメールアドレスを設定すればOK。

これ、登録されているページをまとめて送ってくれます。
便利なんですが、記事がたくさんあったりすると、ちょっと操作感的に読みづらかったです。

まとめ:Kindleに色んなファイル送って読んでみるのは面白そう


InstapaperPocketとほぼ同じようなアプリです。
僕もそうでした。
実際、UIがシンプルで、文章を集中して読みたい人や、会社内で隠れてwebサイトの記事をチェックしたい人にはいいですよ。

ただ、Pocketでも全然事足りる(記事のロード時間の早さはPocketの方が早かったし・・・)ので、instapaperは「Kindleに送りたい記事だけを保管する」ことに特化。

ちょっと混乱してきたので、使うツールを整理。

  • pocket -> web上で見つけた気になる記事をとにかく保存。スマホからでもPCからでも。
  • feedly -> RSSリーダー。購読したいブログなどのサイトを保管。

この流れから、Kindleで読みたくなった場合。

  1. とりあえず、Push to Kindle
  2. ダメだったら、instapaper

Feedlyには、Instapeper、Pocket共に保存する機能があります。
なので、PCやスマホで読みたい記事と、Kindleで読みたい記事を使い分けるのが簡単!

この方法、何気に便利でした。

next...
#amazon

Audbleで月3冊の読書量が確実に確保できた。2年間使ったのでレビューしてみる

KindlePaperwhiteは思ってたより優れた使い心地だったのでレビューしてみる