親父、母親、姉、俺。

サンシャイン60に行って、作った。
皿に映された人間達は、理想の家族をかたどっていて、それは、今も俺の理想だと思い知らされる。
その皿はどんな事があっても割れない。
どんなに写真が褪せても。
それが事実だから。

2005年1月17日。

午前3時。
静かに、用意したクリアボックスに詰め込んだ荷物を、狭い車のトランクに押し込んだ。

2階の部屋から、玄関の前にある祖父母の部屋を通り荷物を運び出すのは、簡単なことじゃなかった。
誰にも気づかれずに運ぶ。
明け方も近い時間に、全ての積み込みが終わった。

行くあては、あった。

高校からの友人が、「しばらく俺の家にいろよ」そう言ってくれた。
真っ暗な闇の中、自分が十年ほど暮らした家をしばらく見つめた。

そして俺は家族を捨てた。

ため息のように重苦しいエンジン音。
荷物を積みすぎたんだ。
コンビニで待ち合わせた親友。

彼は何も言わなかった。
黙って家まで案内してくれた。

1月17日。

午前5時。
彼の家は隣町の郊外にあった。

「とりあえず、風呂でも入れよ」

真っ白の湯気で充満するバスルームの中で、考えられる事なんてなかった。
疲れ切っていた。
その日はこたつを布団代わりに、寝た。
携帯電話は、電源を切った。
恐かったから。

家族は、俺の事を恨むだろう。
そう思いながら寝た。
眠りは深く、翌日の昼頃、友人に起こされるまで熟睡していた。

友人は仕事に出掛けた。

独りでいる間、携帯が気になったが、努めて違う事を考えるようにした。
部屋の漫画を読みふけった。

俺は久しぶりに自由な時間を得た。
そして同時に、時間の重さを味わった。
携帯には、姉からの俺へのメールが届いていた。
罵倒と侮蔑。

解っていた。
解っていたけれど、いや、解っていたからこそ辛かった。

友人の家で3日間ほど過ごした。
その後、自分があらかじめ契約を交わしていたアパートに移り住んだ。
仕事も直ぐに決めた。
俺には金がなかった。

それからは、落ち込んでいる暇もなく過ごした。
むちゃくちゃだった。
毎日金を数えた。
彼女からも金を借りた。
金の事ばかり考えていた。
生きるという事に精一杯だった。

2005年3月6日。

2ヶ月ほど過ぎた、ある日、交通事故に遭った。
友人の運転する軽自動車で、バスと衝突事故を起こした。
交差点を右折しようとした所に、バスが突っ込んできたのである。
俺は助手席に座っていた。
助手席側が大破した。

奇跡的に軽症で済んだ。
本当に奇跡だったと思う。
肩膝を手術するだけで、命に別状はなかった。
全治2ヶ月。
不意に訪れた長い休暇。

ほっとしている自分がいた。

その事故の話は両親にも伝わったらしく、母親が見舞いに来てくれるようになった。
怒りも衝突もなく。
見舞いには、友人は勿論、店長時代にバイトをしていた人たちが駆けつけてくれた。

本当に大事な事が分かり始めていたんだと思う。
大切なものは、見えない。
けれど、
少しづつ、
だけど確実に、
心に染みこんで来る。

俺がこの世界に存在する意味なんて、殆ど無いだろう。
でも、この世界に存在する事を望んでくれる人がいる。

家出をした日。

真っ暗な闇だった。
ヘッドライトが照らすものを必死で追いかけた。
家出をする前も、してからも、昼も夜もなくずっと真っ暗だと思っていた。

でも、それは違った。

朝が来る。
暖かい日差しはいつもそこにある。

そんなことを教えてくれたのは、やはり人だった。

series
【 二十五ノ夜 】
#night
ChaosBoy

テーマは「脱・思考停止」。
コメントはtwitterでお気軽に。