借金

2004年6月。

父親、母親、姉、俺、統括責任者。
五人が囲んだテーブルの上で、会議は進んでいった。

世代交代というのは実に都合がよくて。
つまり俺が店を継ぐってことなんだけど。
一般的に考えれば、長男の俺が継ぐのは順当だし特に変わった話なんかじゃない。

でも、俺はイヤだった。

店の状況は、俺が一番良く知っていたはずだ。

その席に座ってる誰よりもマトモに取り組んでいたし、なにより目の前でお客さんと触れ合ってた。

従業員の質も知っていた。

これからこの店がどうなるか、殆ど分かるんだ。

何かを決定的に変えなかったら、終わりなんだ。

そして金銭的な問題。

経営者の家族の誰も、給料を貰っていなかった。

俺が貰っていたのは自分の小さなローンの返済分と、月2万円くらいの小遣いだった。

彼女とのデートは、ご飯を食べに行って、終わり。
誕生日プレゼントなんかもろくな物あげていない。
贈り物は気持ちが大切って言うけど、こんな情けないことないよ。
こんな俺の将来はどうなるのか?

無論、店の何かを決定的に変える金なんて、あるはずがない。

こんな事があった。
その前の年の夏。

彼女と一緒に遊んでいた。久しぶりの休みだった。
携帯電話に母親から電話が来た。

「あんたに頼みがあるのよ。」

「なに?」

「消費者金融に行って、お金借りてきて欲しいんだよ。」

イヤだった。
こんな風なのは絶対に嫌だった。

俺が返事をはぐらかそうとしていると、親父が電話に出ていた。母親から奪い取ったんだろう。
物凄い勢いで俺に言った。

「お前は家族が必死にやっている時に何もできないのか!とっとといって借りて来い!」

そんな内容のことを怒鳴っていた。
多分もっと酷い言い方だったな。
俺は本当に驚いたのと、怖かったのを覚えてるから。

彼女とATMみたいのが沢山集まった一角まで行った。
それで店に持ってったよ。
手続きをして50万封筒に入れて。

クソの金だと思った。

でも、そんな事はうちの家族では普通になってきていた。

姉はとっくに400万近く借りていたし、母親も200万くらい。
親父は、店と自宅の借金で大変な状態だった。
俺の名義で借りた金も、その頃には150万くらいになっていた。

つまり、それを跳ね返すだけの”何か”がなかったら、店にも家族にも希望なんてないんだ。

話をしている時、家族が妙に明るくて、自信に満ちていることに気づいた。
気持ちが悪いくらいだった。

「絶対うまくいくから!!」

「サラリーマンなんかになるよりよっぽど楽なのよ!」

「みんなで、がんばってやればやっただけ成果が出るぞ!」

「とにかく大丈夫だから!!!これからみんなで頑張るから!」

「家族でやれば、うまくいくから!!!」

とにかくお前がやりゃあいんだ、そんな感じの説得だった。

俺が返事できないでいると、

「何でこんなイイ話が分からないのかなぁ~!!おまえは~!」

と、笑顔で、半ば呆れた様な素振りまで見せてたな。

でも結局、俺には理解できなかったよ。
精神論のみで、店を建て直せる理由が。
計画もなしに、描こうとしている家族のヴィジョンが。

俺は店をやめる決意をした。

series
【 二十五ノ夜 】
#night
Chaos boy

テーマは「脱・思考停止」。
コメントはtwitterでお気軽に。