小鳥

俺の中の正しいことを幾つか瓶に詰める。
そいつを机の上に並べて、叩き潰したい気分になることがある。
君にも解る時が来るさ。

なぁ、小鳥。
君がうちの家族になってから、バラバラになってたものがくっついたんだ。
あれには、俺も驚いたよ。
それまで、”てんでばらばら”だったものが、元に戻ったんだ。
新しい形で。

なぁ、小鳥、もしかすると君のお母さんは怒っているかもしれないな。
だってさ、笑っちゃうと思うけど、俺は25だってのに、家出をした。

なぁ、小鳥。
君が大きくなったとき、世界はいったいどんな風だろう?
世界っていうのは、時々、糞だって思うことがあるよ。
正しい事をしている人が、苦しんでいることもある。
悪いやつが、いい思いをしていることもある。

でも、小鳥。
世の中捨てたもんじゃないのは、正しい事をしている人が必ずいるってことなんだ。
俺は、もう、大人・・・だよな。
でも、何一つ分かっていないよ。
あの頃信じていたことが、世界ではそれほど重要なことじゃないんだ。

でも、小鳥。
世界は、どんな事にもそれなりの答えを用意してくれる。
だから安心していいよ。
それに気づかない人もいるけれど・・・。

君が20才になったら、俺は40才。
その時、俺はどんな人間になってるかな?
君に好かれるような、大人になってるだろうか。
今よりほんの少しでも、マシになってたらいいよな。

なぁ、小鳥。
俺は大馬鹿野郎だな。俺はいまだに、あの時正しい選択をしたのか、分からないんだ。
でも、正しいとか正しくないじゃなくて、俺は自分で決めた。
俺が欲しかったものは、それじゃないから。

みんなが大事にしたかった物ってなんだか分かる?
地位、名声、プライド、そして金だよ。
おかしな話だろう?

だって、

自分たちが谷底に落ちそうだって時に、
崖から身を乗り出して、昔の宝物を取り戻そうとしているんだ。
昔見たワーナーのアニメみたいだろ?

あれは傑作だったな。

でも、小鳥。
自分が崖から落ちたらそれで終わりなんだ。
なぁ、分かるだろう?

本当に大事なことはそれじゃないんだ。
人間はアニメみたいにはいかない。

なぁ、小鳥。
俺は何が言いたいんだろうな?
できたら君に会いたいな。
ねぇ、きっと会えるさ。

君のお母さんが怒り疲れて、君が慰められるようになったら。

そうだ、君のお母さんに伝えておいてくれないか?
俺は家族を捨てたわけじゃないって。
そんなの言い訳だと思われるかもしれないけれど、本当のことだよ。
家族のことは、愛してる。
もちろん君のお母さんのこともさ。

でも、俺には耐えられないよ。
仕事は仕事さ。
親父にはセンスがなかった。ただそれだけなんだ。
だから家族を嫌いになったりするわけない。

だからさ、小鳥。
おれは・・・うまい言葉が思いつかないな。
とにかく、その

なぁ、小鳥、元気なんだろ?

series
【 二十五ノ夜 】
#night
ChaosBoy

テーマは「脱・思考停止」。
コメントはtwitterでお気軽に。