希望

2004年11月。

俺は山の民宿に居候させて貰っていた。

旦那さんの紹介で『山仕事』をすることになった。

毎日山を登り、登山道を整備する。

ちょうど紅葉のシーズンを迎えていたので、登山する人がいるからだ。

新たな道を作ることもあるし、木を切り倒して橋を架けることもある。

危険な箇所があれば整備する。

俺は登山部だったから、山登りの要領だけは分かっていたつもりだった。

その自身とは裏腹に、自分の弱さを突きつけられる事の方が多かった。

働く山の男たちの強さ。

それは営業などとは違う意味での、逞しさだった。

俺はハンマーで釘を打つことでさえ、巧くできない。

ナタを使うこともできない。

木を切り落とすことも、獣から身を守ることも、危険を察知することも、知らない。

男たちが持っていたのは、生きるのに必要な力だった。

俺の中の本当の価値観が変わり始めた。

人間が生きるのに、本当に必要なもの。

それはなんだ?

彼らはそういうこと教えてくれた。

だんだんと仕事が身についてくる。

難しいことは無い。やるべきことをやればいい。

続けていくうちに、少しづつ、少しづつだけれど、自分に自信がつき始めた。

山仕事は冬には終わる。

みんなは違う仕事を幾つか持っていて、そちらに移行する。

俺は実家に帰った。

2004年12月。

俺は仕事を探していた。

自分のやりたいこと、もう一度自分を取り戻せること。

だから2度と店には帰らない。それだけは決めていたんだ。

幾つかの会社を回ったけれど、なかなか見つからない。

なのに晴れ晴れとした気分だった。

新しい何かに向かっていくような、手応えのような物を感じていた。

映写技師。

その響きで、面接を決めた。

そして契約社員からのスタートとして、仕事が決まった。

翌年1月中旬からの予定だった。

それからは、今まで会えなかった友達たちとたくさん会った。

珍しく忘年会もやったし、色んな話もできた。

希望が生まれた。

全てが順調に進み始めた所だった。

あの日、神様は俺を試したのかな?

思えばこの時から、俺の「自分の為の人生」が始まったんだ。

series
【 二十五ノ夜 】
#night
Chaos boy

テーマは「脱・思考停止」。
コメントはtwitterでお気軽に。