どっちがいいの?を解決!AirPodsとLibertyを3つのポイントで比較してみました

Zolo LibertyApple AirPods
この2つをどちらを購入するかって、めっちゃ悩みませんか?

欲しいものはすぐに飛びつくぼくでも、相当悩みましたよ。
ぼくの懐具合は常に極寒⛄
だから、コスパが命です(笑)

で、今回の場合の、コスパの良さを決めるポイント。
それは、以下の3つ要素の、バランスの良さだと思います。

  • 音質
  • 価格
  • 接続安定性

AirPodsの音質重視バージョンが出る!?
AirPodsのハイエンドモデルとAppleヘッドホン、2019年に登場か | gori.me(ゴリミー)

  1. Zolo Liberty vs AirPodsコンセプトの違い
  2. 音質を比べる
  3. Zolo Liberty vs AirPods
  4. 音質を比べる
  5. 価格を比べる
  6. 接続安定性を比べる
  7. AirPods 👉 音質よりも総合的に室の高い使い心地を重視する人へ
  8. Liberty 👉 安くて高音質を求めている人に!
  9. まとめ:今は安い方で問題なし!

結果的には Zolo Libertyを購入 しました。

音質の良さをじわじわ実感!Zolo Libertyの魅力をレビューします
愛用してるうちにに音質が良くなってるかも。Libertyを購入・使用して数ヶ月で実感したメリットとデメリットを紹介します。...

Airpodsは実物を手にとってもいないので、僕の勝手な印象です😓
そんな感じでもよろしければ、読み進めていただければと思います。

Zolo Liberty vs AirPodsコンセプトの違い

ここは基本に戻って、オフィシャルでのコンセプトを見てみましょう。
製品の方向性が 「自分の用途と合っているのか」 を確認してみます。

AirPods

耳につけるだけで、瞬時につながります。話をする時は、あなたの声が相手にはっきり届きます。これがAirPodsです。

Apple HP AirPods

AirPodsは、iPhoneを始めとする、Apple製品との親和性の良さをアピール。
音質のことには特に触れていませんね。

Liberty

ケーブルから解放されることによる、圧倒的な利便性と快適性を実現しました。

Zolo HP Liberty シリーズ

Libertyは、ワイヤレスイヤホンの、快適さをアピール。
こちらも音質のことには触れていないです。
なるほど。

音質を比べる

オープン型と密閉型

そもそも、 AirPodsはオープン型 ということで、 密閉型のliberty とは目指している方向性も少し違いますね。
オープン型 は耳の穴を塞がないタイプ。
装着中して音楽を流していても 周囲の音が聞こえて きます。

自転車などで通勤・通学する場面に、重宝しそうですね。
その構造上、音楽だけを集中して聴きたい場合には、不利です。

密閉型 は耳を塞ぐような形で、装着します。
これにより、周囲の雑音を遮断して、音楽に没入できます。
イヤホンからの音をしっかり聞くなら、密閉型の方が聞こえやすいはず。

AirPodsはEarPodsと音質はさほど変わらない と、某有名イヤホン店の店員さんが、動画のレビューで言っておられました。
うむ・・・
つまり、過度な期待は禁物ってことですね😓

EarPods自体は、決して悪いものじゃないと思っています。
ただ、音楽をそれなりにちゃんと聴きたいってなると、力不足かなぁと思います。

なので、EarPodsレベルの音質なら、買う必要ないかなぁ。
この価格なら、もうちょい音が良いものであってほしい!

Zolo Libertyはグラフェンドライバーを使用している筐体です。

音質の良さをじわじわ実感!Zolo Libertyの魅力をレビューします
愛用してるうちにに音質が良くなってるかも。Libertyを購入・使用して数ヶ月で実感したメリットとデメリットを紹介します。...

価格を比べる


Airpodsがビミョーな理由・・・それは、価格が高めなこと。

決して価格と製品が釣り合ってないってわけじゃないんですが、一般的なイヤホンの価格イメージからすると、予算オーバー気味じゃないですか!?
オーディオ・マニアの方ならまだしも、そうでない僕なんかは躊躇します💸

どうせこの金額を出すなら、当然、音質などにも拘りたくもなる。

ところが、ところが。
先に挙げたように 音質には期待できない となると・・・ねぇ😞

LibertyはAirpodsの半額だ!

それに対して Liberty は7000円台
ちょうど半額ですよ。

Libertyの価格設定の素晴らしいところは、 消費者が 「快適さを手に入れる」 ことに対する 妥当なコスト感 ですね。
この 安いと感じるの価格設定 は「非常に妥当かつ魅力的」と思える方が多いのではないでしょうか?

さすがに1万円を超えてくると、より多くのものを期待してしまいますよね。
今後の改善が期待される業界だと思うので、「ひとまずの取っ掛かりを作る」という意味では、成功していると思いました。

さて、ここでは Liberty一択じゃねーかっ て感じですね。
確かにそうなんですが・・・

ここへ来てAirpodsの最大の強み、 blue toothの接続安定性 が心を揺さぶり始めます。

接続安定性を比べる

これは、本体とイヤホンの 無線接続中に起こる問題 がどれほど少ないか、です。
気分良く音楽を聞いている時に途切れたら、どうでしょう?
ストレスたまりますよね。
それが頻発したりしたら、ストレスで使うのやめちゃいますよね。

意外と重要なポイント。

無線接続で起こりそうなこと

ワイヤレスならではの、無視できないポイントは以下のことです。

  • 起動時に接続されづらい
  • 毎回つなげるためのアクションが必要
  • 歩いてる時などに途切れる
  • 途切れから再接続までの時間

Airpodsはこのあたりの問題を、最小限に抑えているようです。
切れないことはないが、非常に精度がいい
そんな評価を聞きますね。
さすがです。

Libertyは使った結果、こちらも決して問題があるとは感じません。
通勤中の電車で、ごくたまに途切れる程度。

途切れない日の方が多いし、数十分のうちに何度も途切れるような事態には遭遇していません。

AirPods 👉 音質よりも総合的に室の高い使い心地を重視する人へ

AirPodsの最大の魅力。
それは、 iPhoneを始めとするApple製品との接続安定性の高さ。

この安定性の良さは、どこの口コミでも褒められてたので、かなり期待できそう。

ストレスのない使い心地。
これ、当たり前のことのように思えますが、意外とできていないところが多いと思います。

音質よりも接続安定性に品質を置いているところに、Appleのブランドとしての意気込みを感じます。

とりあえず、iPhoneやMacユーザーなら、買って損はしなさそう。
普通に、通話がめっちゃ便利な気がします。

Liberty 👉 安くて高音質を求めている人に!

密閉型のため、そこそこ音楽を楽しむ事ができます。
割と明るくて広い印象で、僕は好きな音でした。

また、使っているうちに、どんどん気持ちよく聴こえるようになってきました。
気のせいかもですが(笑)

あとは価格。
この価格でこの総合的なバランスの良さ。
長く楽しめるイヤホンだと思いました。

まとめ:迷ったらzolo libertyを買え!


さてさて、結局僕はZolo Libertyを買いました。

購入して暫くたちましたが、不満も後悔もないです。
むしろ、想像していたよりも音がいい感じだったので、楽しめていますよ。

ちなみに、色はホワイトモデルを選びました。
これで、AirPodsへの未練も、ちょっとだけ満たすことができた気がします(笑)

Zolo Liberty (Bluetooth 4.2 完全ワイヤレスイヤホン ホワイト)
Chaos boy

テーマは「脱・思考停止」。
コメントはtwitterでお気軽に。

#earphone