gizmo

良い音で音楽を聴きたくなってFinal Heaven V Agingを買って2年目のレビュー

良い音で音楽を聴きたい、そんな気持ちが湧き出して、イヤホンに興味を持ち始めました。

最初、お店でイヤホンの金額を見た時は、驚きました。
ものすごくピンキリで、上は数十万円ていうノリ。

「こちとら予算3千円くらいだってのに、おいwww」ってなりました。

ちなみに僕は、「マツコの知らいない世界」でイヤホン特集を見たときから、イヤホンに興味を持ち始めました。
つまり、完全にミーハーな素人です😎

そんな素人の僕。
突然、3万円近くするイヤホンを購入したのでした。

2年ほど愛用しているイヤホンがfinal Heaven V agingです。

3万円弱でしたが、結果的に言えばコスパが良かったです。
そもそも、イヤホンなら毎日使えるので、好きなら悪くない投資と言えます。

  1. Final Heaven V Agingの何がいいんだ
  2. 空間や演奏者の存在を感じる
  3. 真鍮は実際に味が出たのか
  4. 初心者でも高いイヤホンを買うのってどうなの?
  5. 長く付きあいたいと思える、買って良かったイヤホンでした

Final Heaven V Agingの何がいいんだ


まず、コンセプトが面白い。

ぬくもりとクリアさを両立した自然なボーカル再生と
広く奥行きのある空間表現。
使い込むほど味のある質感になる真鍮バレル仕上。

Heaven V aging | final

ほうほう、
「使い込むほど味のある質感になる真鍮バレル仕上」
・・・って、見た目かよw

でも、これ、ここが気に入って買ったようなもんです。
実際、使い続けるほど味が出てきて、だいぶ愛着が湧いています。

音も、見た目と妙にマッチしてて、人間の温度や湿度、場の空気の震えみたいなものが伝わってくるんですよね。
所有すること、触れるということに、満足感や喜びを与えてくれます。
これが、クラフトマンシップというやつなんだと思います。


とりあえず、好きな音が聴こえてきます。
楽器の感じが伝わるのが面白い所。
ぼくは趣味でドラムをやっているので、ついついドラムの音を聴いてしまいます。
シンバルの柔らかさとか、スネアの出す金属感とかが好きなんですが、__そういうのを聞きながらヘラヘラしてます__😏
特に、そういう金属系のニュアンスを感じることができます。

バスドラムの音なんかも好きで、質感はだいぶ生のバスドラムっぽいイメージ。
楽曲によっては、このアナログ感がすごくフィットします。
ちなみに「大迫力の低音!」みたいなものとは、ちょっと方向性違うと思います。

スリリングな表現なんかにも、すごくマッチすると思いました。

空間や演奏者の存在を感じる


ライブ盤とかだと、場の空気感とかを感じることができるので、好きです。
演奏者の距離感みたいなものが、感じ取れるような気がして面白いんですよね。

単純に右とか左とかそういうものではなく、空間的な広がりがあることを初めて意識しました。

真鍮は実際に味が出たのか


なにより、このルックス。
2年経った今でも、やっぱり気に入ってます。

「真鍮の素材が醸し出す味わい」ってところなんですが、確かに購入時とは違うんでしょうが、思ったほど経年による変化はしませんでしたね。

なにげに、コードのチョコレートっぽい色もかなり好き です。
また、ピッカピカのケースが付いている(新しいバージョンはレザーのケースのようですね)んですが、これも高級感があって良い!
こういう「ちょっとした部分だけど気が利いてる」ってところこそ、大事。

アクセサリーっぽいセンスで、楽しめるのが、いいところです。

メンテナンスにも愛情を

使っていると、イヤーピースの装着部分に青錆が溜まります。
本体も黒ずんで行っちゃうので、サビ取りをしたり、たまーにレモン汁で磨いたりします。
こういうメンテも楽しめる人には、より愛情深く接することができるでしょう。

初心者でも高いイヤホンを買うのってどうなの?


近所にeイヤホンがあるので、何かにつけて、視聴しにいってました。
そこで感じたのは、良い悪いの判断がとても難しいということ。

まず価格がピン切りすぎる!
いわゆる「コスパ」みたいな文脈だと、比較が難しいんですよね。

また、同じ価格帯で比較していくと、明らかに音が違うんです。
なんというか、音の特徴が全然違う。
となると、これ、自分の好みかどうかで判断するしかない んです。

単純に、良いとか悪いとかいう話ではないんですよねぇ。

なにで決めるかといえば、「好きな音かどうか」です。
これしかないです。はい。

まとめ:長く付きあいたいと思える、買って良かったイヤホンでした


final Heaven V aging カナル型イヤホン バランスドアーマチュア型 FI-AHE5BSB3

個性的で、心血の通った製品を作りまくってますね、この会社!

文字通りクラフトマンシップを、随所に感じることができます。
例えば、コードの色一つとっても、かなりこだわって選んでそうな感じ。
そうそう、コードと本体の接着部分のゴムが、レーザーだったら最高だなーとか、贅沢なことを思ったりして。
Heaven V Agingは、そういう筋が一本、しっかり通った製品だと思いました。

「長く使って楽しんでくれ」というコンセプトですが、その狙い通り楽しめる物です。
見た目も音も。

Final F7200もかなり好みな雰囲気なので、いつかは挑戦したいなぁなどと目論んでおります。

next...
#earphone

TWS(トゥルーワイヤレスイヤホン)のススメ!メリットとデメリットをまとめてみました

音質の良さをじわじわ実感!Zolo Libertyの魅力をレビューします

コスパ最強な音楽生活をどうぞ!トゥルーワイヤレスイヤホンの選び方

どっちがいいの?を解決!AirPodsとLibertyを3つのポイントで比較してみました