子育てをハックするための「使える」服装

失業し、名実ともに子育て男子2.0街道まっしぐらな僕。
これまで、服やファッションには一定のこだわりがあったのですが、最近はその方向性が変化しています。

一言で言えば、実用性重視になってきた、というところでしょうか。
子供が育ったり、増えたりすると、暮らし方が一変しますからね。

  • 荷物が増える
  • 抱っこしたりで、両手が塞がる
  • そうすると、子供のよだれや食べた後の汚れがつく
  • 子供の準備をしてあげないといけない
  • そうすると、自分の準備に時間が取れない

ブランドものの繊細な服や、大事にしているものなどは、とてもじゃないけど日常遣いできませんよね。
それどころか、ファッションに気を遣う、時間も心の余裕もないのが実情。

また、「子供を抱き抱えながら・・・」というシチュエーションも増えます。
そうすると、必然的に子供に触れる部分は気になります。
ショルダーバッグのストラップとかね。

この辺りを解決してくれるプロダクトを見つけ出すのも、子育ての大事なテーマ。
試行錯誤や検討を重ねるうちに、希望にかなったモノが見つかってきました。

そんな中でも特に気に入っているモノを、紹介していきます。

Tシャツ:Camber MaxWeight

超厚手、そして、アメリカンサイズ。
良い意味で、体にフィットしない。
つまり、体型を完全に隠せる んですね、素晴らしい。
40代にもなると、ほんとに腹がでてきて困ります。

CAMBER マックスウェイト ポケットTEE
かなりビッグシルエットになりますが、XLやLを愛用しています。

厚手となると、熱が篭るイメージがありますが、逆です。
体にピタッと密着する面積は少なくなるので、風が通りやすいのが良いです。

これは子育てに限らず、おすすめできるものです。

スニーカー:Superstar レースレス/Adidas

よく、ConverseのAllstarの紐なしがありますが、あれのAdidasバージョン。

RunDMCがやってた紐なしスタイルを、再現したモデルです。
Adidas Superstar レースレス
紐がなくてもタンがデカいゴムで押さえつけられてます。
なので、脱げる心配はありません。
それどころか、ガッチリフィットです。

紐がないので着脱は当然簡単。
少し高価だけど、レザーの質感や造りも良いのが満足感高いです。

サンダル:ベンサン/ニシベケミカル

両手が塞がることが多いので、スポッと履けるベンサンが最強です。
なんせ履きやすいし、クッション性も良いので、ついつい楽して履きたくなります。
抗菌衛生紳士サンダル カーキ
あと、カーキっていうカラーが思いの外カッコ良かったです。

裸足ではくと、当然蒸れます笑
ちょっと、その辺に行くのがちょうどいい。

小型のバッグ:ハイカーサーチェル/GRANITE GEAR

取り回しの良い小型のバッグは、大活躍します。
子供を抱き抱えながら、片手で家の鍵を出す。
そんな場面で役立つ、小さめながらも収容力が高いバッグを探して使っています。
スーパー軽量。

グラナイトギア:ハイカーサチェル

ペラッペラですが、コーデュラナイロンなので強度の心配は、いりません。

リュック:Mystery Runch Booty

軍にも供給している有名なメーカーということで、丈夫さは折り紙付き。
背負えるトートバッグといった形状で、「持ち手を変えるだけで手提げになる」 というのが良い。

ミステリーランチ BOOTY BAG 2WAY リュック

軽量、サイズは控えめ、ジッパーなし、荷物は結構入れられる。
ただし、大きめの荷物を入れる時に、構造により肩パッドの部分が邪魔で、くいところが難点。
ジッパーがなくてもしっかりと締まるための構造なので、まぁ、仕方ないですね。

安くて頑丈で、いつでも手に入るものを

育児を中心に暮らしていると、服なんてすぐに汚れますね。
なので、とにかく日常でガシガシ使えること、遠慮なく洗濯機に放り込めること。

抱き抱えたりする時に、引っ張られて伸びたりすることを心配するような服装ダメですね。

  • いつでも手に入れられる
  • 頑丈
  • 使い勝手が良い
  • 安価

こんな感じで、自分の中の定番を決めておくと、便利です。
スティーブ・ジョブスじゃないですが、制服のように決めてしまうのも、悪くないですよ。

Social Share
ChaosBoy

テーマは「脱・思考停止」。
コメントはtwitterでお気軽に。