ダナーフィールドは定番入り決定のお気に入りのブーツ

2018年の秋に、ダナーフィールドを買いました。
レザーの質感が上品で、ワークブーツ感とフォーマルな雰囲気のバランス が気に入りました。

40を過ぎた僕ですが、実はブーツを買うのは人生初です。
それまではなんとなく、ブーツに対する苦手意識がありました。
ひとつは、自分に似合わないんじゃないかという気持ち。
もうひとつは、窮屈で不快なイメージを持っていました。

ダナーフィールドで、見事にその印象を覆されました。
見た目の主張は強くなく、どんな服でも合わせやすいです。
何より快適だし、歩きやすい。

ダナーフィールドのサイズ感について

ABCマートの店員さんに伺いながらフィッティング。
ブーツ初心者の僕は知らなかったのですが、ブーツは小さめでちょうど良いとのこと。

結果としては、確かにその通り。

スニーカーなら27cmとか28cmくらいを選びますが、ダナーフィールドは26.5cmでちょうど良い履き心地 でした。
むしろ、26cmあたりがパーフェクト・フィットだったかもしれません。

ネットで購入される方への参考に

ちなみに、僕の足の形は、甲は高くないのですが幅広。
親指と小指の付け根が、外側に張り出しているような足の形です。
日本人に多い足の形なのではないでしょうか。

足の長さでいえば、26cm~26.5cmくらいでちょうど良いはず。
ですが、大概は横幅が入りません。
スニーカーは、幅に合わせて27cmか27.5cmあたりを選ぶことが多いです。
これだと、爪先はすごく余裕があることが多いです。

アディダスとかコンバースだとそれが顕著なので、最近は履いてません。
ニューバランスやナイキだと比較的、サイズが合わせやすい気がします。

足が痛くなるのでレザーワックスは最初に塗りましょう

買ってそのまま履いたら、めっちゃ足が当たって痛かった。
その時はもう、履く気が失せました。

実は、「履く前にレザーワックスを塗って柔らかくする」というのは、ブーツでは当たり前のことらしい😅

ということで、Amazonで評判の良い「エム・モゥブレィ」のデリケートクリームというレザーワックスを購入。
メンテナンスは大好きなので、しっかりと塗ったら、本当に履きやすくなってびっくり。

まだまだ知らないことがありますね。
勉強になりました。

特徴的なシューレース


ダナーのシューレース(紐)の細さにも注目。
これがブーツのシューレースとしては、かなり細いです。
ダナーフィールドがシャープな印象なのは、このシューレースのおかげかも知れません。

逆に、太くするとキャッチーな感じになると思うので、たまには変えてみるのも面白いですね。

GETABACOのシューレースにアップデート

どうしても緑色の純正が欲しかったのですが、とにかく手に入らない。
フリマアプリだと異常なほど値が高くて、購入に至りません。

そんな時に、色が綺麗で、品質が良さそうなGETABACOのシューレースを発見。

ダナー純正よりもだいぶ太くなり、若干、ポップな印象になりましたね。
面白いのは、履き心地が変わったこと。
紐自体が柔らかく厚みがある分、履き心地もソフトになりました。
伸縮するような素材のため、良い感じです。

ダナーフィールドが注目される理由


ダナーのブーツの中で名作と言われているのが、ダナーライトです。
こだわりが詰め込まれているだけに、6万円代という価格。
良いものですが、気軽に手を出しづらいのも事実。

フィールドはライトに似たスペックを持ちながら、安価に2万円代 という価格設定です。

しかし、フィールドを単なるライトの廉価版と考えるには早計。
「別の素材を採用した別バージョン」くらいのポジションではないでしょうか。

この絶妙なバランスが、注目の理由です。
スペックを必要最小限に抑えた結果、ライトよりも安くなった、そんな印象です。

ダナーライトとの違い

ダナーライトとどこが違うのか、特徴的な部分を比べてみましょう。
半額以下なのに、ライトと同じ部分が多いことに驚きます。

speck ライト フィールド
製造国 アメリカ ベトナム
レザー フルグレイン防水レザー フルグレイン防水レザー
ナイロン コーデュラ それ以外
インソール ない ある
アウトソール ビブラム ビブラム
Gore-Tex あり あり
価格(税込) 27500円 60500円

違いをもっと詳しく知りたい方は、以下ブログをお勧めします。
とっても分かりやすく解説してくださっています。
まさかの半額以下「ダナーフィールド」と超名作「ダナーライト」の違いについて|CAMP HACKキャンプハック
こちらの方も素晴らしいです。
ダナーフィールドとダナーライトの違いを問い合わせてみた結果〜廉価版のひとことでは片付けられない最高のブーツだった〜 | きゃんぺーのキャンプ語録

ビブラムソール

高級なコマンドソールで有名なビブラム社製のソールです。
雨などの悪路でも機能性を発揮する、質実剛健なイメージ。

使用した感覚的には、硬さが程良く、歩きやすい。
歩いていると、しなやかさを感じることができます。
足裏感覚が掴みやすい、という感じ。

Gore-Texだから蒸れない

通気性が良いのか、レザーブーツなのに、蒸れる感じがほとんどありません。
僕は登山部だったので、Gore-Texのスペックには散々お世話になりました😄

まさに、その機能性の高さを味わうことができました。

まとめ:ちょうど良いデザインと機能性 = 定番に決定です


楽しいのが色選びですね。
茶色系も魅力的でしたが、黒を選びました。

ワークブーツですが、上品な印象。
特にレザーの質感が落ち着いていて、主張が激しすぎず日常使いしやすいです。

こういう、「ちょうど良いデザインのブーツ」を探している人も多いでしょう。

そして何より、価格を抑えつつ、ハイスペック素材を可能な限り搭載している点はが素晴らしい。
手に入れやすい価格は、定番として日々使うのに適しています。
どこにでもあるABCマートで購入できるのも、それに一役買ってますね。

疲れにくくて快適なので、今度は旅行などで使ってみたいと思っています。

[Danner] ダナー フィールド BLACK/BLACK 26cm
Social Share
ChaosBoy

テーマは「脱・思考停止」。
コメントはtwitterでお気軽に。