財布はこれだけで良い。栃木レザーのabrAsusの小さい財布

アブラサスの「小さい財布」を使っています。
僕は3年ほど使っていますが、手放せません。

これを知る前までは、至って普通の長財布や二つ折り財布を使っていました。

ただ、カードやクイックペイなどをよく使っていたため、現金を使う機会がぐんと減っていました。
さらに、ネットショッピングがメインなので、そもそも財布を取り出すことがないのです。

今はペイアプリも普及しているので、本当に財布の出番がないのです。

だんだんと、「財布そのものを持ち運ぶのもなんか無駄だな・・・」と思い始めたところに出会ったのが、アブラサスの小さい財布

それからは、ずっと小さい財布を使っています。
たまに他の財布を使ってみるのですが、すぐに小さい財布に戻したくなってしまうのです。

その理由はシンプルで、ただただ、使いやすいのです。
本当に小さいので、不便じゃないか心配でしたが、見た目より全然入る!
きっと、考え抜いて設計をしたのでしょう。

特に、小銭入れの部分は、一度使ってみる価値があると思います。

今回紹介しているのは、高島屋でのみ購入できる、栃木レザーモデル。
【高島屋限定】小さい財布|高島屋オンラインストア

abrAsusの公式では、豊富なカラーや素材がラインナップされています。
購入をご検討の方は、そちらもチェックすると良いでしょう。

収容力


この小ささ、わかりますか。
写真が悪くて申し訳ないのですが、見ていただきたいのは、「iPhoneSEよりもはるかに小さい」 ということです。

お札はせいぜい10枚程度、硬貨は20枚程度がMAXです。
そして、カード類に至っては4〜5枚です。

この財布の機能性を活かすためには、必要最低限のものだけを選択する ことが重要です。
「これまで、いかに無駄なものを携帯していたのか」に気づくというプロセスこそが、この製品の素晴らしいところでもあります。

それにしても、このサイズで、これだけ入るのは驚異的。
設計の素晴らしさに尽きますね。

小銭入れは「小さい方が」使いやすい

たくさんの小銭が入らないようになっています。
実際に必要十分で、困ったことはありません。
というのも、強引に押し込んだら20枚ちょっとは入ります。
なので、溢れるような事態は経験ありません。

むしろ、このスペースは浅くて正解。
全体を把握しやすくて小銭は出しやすい です。

この小さい小銭入れがとても気に入っていて、他の財布を避けがちになってしまうほどのインパクトがあります。

一般的な財布では小銭入れが大きすぎて、小銭が把握しにくい。
小さい財布を使うようになって、そんなことに気づきました。

「小さい財布」栃木レザーモデルの魅力

3年間使い続けられたのも、レザーの品質の良さがあるからこそです。

しかし、栃木レザーモデルは、高島屋だけの仕様。
高島屋以外で購入することはできません。
オンラインなら手軽ですね。

栃木レザーモデルは、素材の分だけ若干価格が高いことにも注意しましょう。

ラインナップはインナーカラーが違うだけ

インナーのあしらいが、3種類あります。
内側の札入れの部分のレザーが赤か、青か、ノーマルの黒かです。
赤と青じゃかなりビビッド。
高島屋オンラインでは、赤と青の売り切れが多い気がします。

僕は黒のモデルを購入。
アクセントも何もないですが、レザーの良さだけで十分な存在感。

所有する喜びがありますね。

レザーの高級感にエイジングはどんな影響を与えるか

とても品質の良いレザーを素材にこの財布はつくられています。
クオリティの高いレザーとして有名な栃木レザーです。

栃木レザーとは、革の素材のことです。
栃木レザー株式会社
優秀な職人さんが丹念に仕立て上げることによって、皮そのものの品質がよくなります。
世界的なタンナー 栃木レザー工場見学 – Make Coon

買い始めはレザーがキラキラしていて、綺麗でした。
艶のあるレザーの凹凸に合わせて、光がランダム反射しているような感じ。
想像してたよりも華やかな雰囲気 ですぐに気に入りました。
これが、使い続けるうちに、滑らかな雰囲気に変化していきます。

インナーは、サラサラとした触り心地の加工。
お札の出し入れ自体はスムーズです。

しかし、サイズは一万円札の大きさギリギリ。
なので、整えて入れてあげないと、はみ出ちゃいます。

エイジング

今ではかなり味が出ましたが、艶はあるしそこまでヤレた印象もあまりありません。
アタリなんかも出てきて、相応の味わいはありますが、汚い感じではないと思います。

そして、とても触り心地がいいです。
すべすべといった感じ。
これは、時間が経つにつれていい感じになった部分の一つですね。

手になじんだ分、使い勝手そのものもよくなりました。

発想を切り替えて、キャッシュレスにシフトする


今まで大きめの財布を使っていた人にとっては、少し頭を悩ませるほどのサイズ。
そんなときは、発想の転換をしてしまいましょう。

電子マネーやモバイル決済を活用する

決済手段を変えることで、持ち歩くべきカードが激減します。
銀行のキャッシュカード。
クレジットカード。
この辺りは本当に使うものだけに絞れます。

ペイアプリも積極的に活用しましょう。
ちなみに、キャッシュレスにすることで、家計の管理も自動でできてしまいます。

マネーツリーとマネーフォワードとザイムのどれが良いか
キャッシュレスが叫ばれる今だからこそ、その利便性で力を発揮するお金の管理アプリ。全部使ってみてどれが自分に合っているか探ってみました。...

時代的にも、この財布のコンセプトはズレて無いですね。

まとめ:財布が小さくて困ることはなかった


僕は、ミニマリストではないです。
だからこそわかるんですが、ミニマリスト以外の人にこそ、使ってみて欲しいです。

その理由は、財布をアブラサスヘ移行したときのこと。
カードがたった5枚ですから、選抜するわけです。
その時に、「あ、5枚で十分なんだな」と理解しました。

日常で、使わないカードが、いっぱい詰まってたんですね。
真新しい発見ができたような気がして、すっきりした心持ちになりました。

財布そのものがコンパクトなのも良いところです。

今後は、この財布だけで十分と思っています。
自分の中で、定番決定です。

小さい財布 abrAsus(アブラサス)ブッテーロ レザーエディション
Social Share
ChaosBoy

テーマは「脱・思考停止」。
コメントはtwitterでお気軽に。