iPhoneで「ギガの消費」を確実に減らす方法

LINEモバイルの一番安いプラン、月間1GBのデータ容量で1000円 というプランを利用していました。
(LINEモバイルのプランの改編で金額が変わりました)

LINEモバイルはユーザーを大切にしていると感じられたのでおすすめできる
格安SIM歴4年で3社目のLINEモバイル。回線速度は大差ないけど、ユーザー目線では一歩も二歩も抜きん出ていると思いました。...

結果としては、1GBで一ヶ月を過ごすことは可能 です。
しかし、本当にギリギリ!

日中にwifiを利用できるかどうかが、ポイントです。
職場などでwifiが利用できる場合は、そこそこの快適さを保ちながら、なんとかクリアできるはずです。

ギガ節約の基本


まずは誰でもやっているであろう、基本のデータ節約を見直してみましょう。
節約の基本としては、wifi環境下でできるだけのことをしておく、という点です。

wifi環境で予めやっておく

やはり、下準備は大事です。
コンテンツは、wifi環境下で予めダウンロードしておきましょう。

  • 音楽は予めDLしておく
  • Prime VideoのビデオはDLしておく
  • Apple tv+のドラマはDLしておく
  • Kindle電子書籍をDLしておく

普段の通勤ももちろんですが、遠出するときには忘れないようにしましょう。

移動中のアプリの通信を遮断


移動中のアプリの通信を遮断します。
これが重要なポイント。

  • 通勤時間が長い人
  • wifiを使えるシーンが少ない人

こんな方は設定しておくと、ある程度の効果が期待できます。

アプリは常に通信してギガを食っている


アプリは起動していなくても、裏側で通信をしているものが多いです。
そのおかげで、起動したときに最新の状態を保てる訳ですね。

便利ですが、当然、「常にデータ食っている」という状態になります。
これを必要最低限に絞ることで、効果が期待できます。

iPhoneのモバイル通信設定

iPhoneの設定で、「設定 > モバイル通信 > 」に進みます。
この画面で、アプリ一覧があり、個々に設定ができます。

可能な限り、OFFにしてみました。

結果、大成功。
1日当たりの消費データ量が、20MB以下に抑制。
Safariなどのブラウザ、twitterなどのSNS系アプリが、減少に影響したようです。

さらにストイックになるなら

iPhoneの「wifi時にSIMでサポートする」という機能をOFFにしておく。
iCloudのアクセスをOFFにしておく。

この二つをOFFにしておくことで、よりストイックにデータ使用量の節約が可能です。

そもそも、スマホを見る時間を減らしてしまえ


スマホ依存によるメンタルへの影響や健康被害が、認知されつつあります。

これは自分にも当てはまって居て、大きな問題と感じています。
ふと気づけば、スマホに多くの時間を費やしている。
そんなことが増えました。

他にするべきことがあるのに、スマホを眺めてしまって居ては、勿体ない。
さらに、健康にも悪影響となれば、制限する意義もありますね。

iPhoneでは、アプリごとに閲覧ロックや、使える時刻を制限をできる機能があります。
これを利用して、22:00以降は起動に制限をかけています。

まとめ:不便さとうまく付き合うスキル


お金をセーブする上で、格安SIMは外せません。
格安SIMに慣れてくると、より安いプランへ挑戦してみたくなります。

なんと言っても、固定費。
金額が安いと、倹約効果を深く実感。
気分が良いです。

「格安SIMの何が良いのか」乗換メリットを分かりやすく説明する
格安SIMの安さは正義。大手キャリアから移行したのですが、節約効果は実に年間10万円弱。その凄さを家族に伝えるべく分かりやすく整理してみました。...

反面、不便さが生まれることは間違いありません。
この不便さとうまく付き合うスキルこそが、倹約の真髄なのかもしれませんね。

Social Share
ChaosBoy

テーマは「脱・思考停止」。
コメントはtwitterでお気軽に。