【AppleWatch】初代から使い込んでいるリンクブレスレットをレビュー

このお、「Apple Watchリンクブレスレットモデル」。
本体込みで12万円、ブレスレット単体の別売り価格も5万円 という価格におののきました。

もはや、満足感を味わう以外の何物でもないと言える、この買い物。
しかし、それなりの充足感を味わわせてくれます。

この記事では、リンクブレスレットを選ぶべきか迷う人のために、実際に3年ほど使ってみた僕がメリットやデメリットや日常での付き合い方をお伝えいたします。

  1. 重厚で端正なルックスが渋い
  2. 高品質のステンレスが生む、肌触り
  3. リンクブレスレットの傷は格好良い
  4. 【弱点】バックルが突然外れる
  5. サードパーティーではなくて純正が良い理由
  6. まとめ:重くてギラッとした「腕時計らしさ」を楽しむ

それにしても、Apple Watchの「ベルト別売り」というのは、本当に便利なシステムです。
本体買い換えても使えるわけですから、無駄になりません。

公式で大幅に値下げされました。
検討する価値ありです。
[42mmケース用シルバーリンクブレスレット - Apple(日本)](https://www.apple.com/jp/shop/product/MJ5J2FE/A/42mm%E83%BC%E3%82%B9%E7アクセサリー的なステータスだけでなく、%B実用するのE3%83%AB%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%83%96%E3%83%AC%E3%82%B9%E3%ものです。
3%AるとEその視点から見ると、決して高すぎる価格ではないと思います。

重厚で端正なルックスが渋い


ギラッと鈍く光る感じと渋い重厚感、端正なルックスこそが、このベルトの魅力です。

ステンレス・スチールケース(applewatch本体)と、見た目の雰囲気がマッチしているのもいいですね。

42mmモデルともなると、AppleWatch自体がマッスルな雰囲気に様変わりします。
好きな人はハマる雰囲気ですね。

傷がつく以外では経年変化しずらい素材のため、ボロボロになったりしないところが良いところです。
基本的な素材と作りの良さ、デザインの美しさを日々実感できるからこそ、長く使いたいと思えるのだと思います。

高品質のステンレスが生む、肌触り


着けた感触、すごくいいです。

316Lという、高級な部類のステンレスを使用しているらしい。
どうやら、医療用の器具などに使われている素材とのこと。
アレルギーなどを引き起こしにくい らしいです。

とりあえず、質感は最高です。
つけている間に違和感を感じることはありません。
バックルの動き含め、全てがすごくなめらか。

リンクブレスレットの傷は格好良い

リンクブレスレットの裏側であるバックル周辺の画像
毎日使っていると当然、傷がついてきます。
普通に使っていても自然と傷がつきます。
さらに、僕のように金属のブレスレットと一緒につけるととっても傷が増えます。


これを「良い感じにこなれた雰囲気」と捉えられるかどうかで、付き合い方が変わりますね。

普段大事に扱っていての、愛着の持てる傷ならば、もはや、エイジングと呼んでしまおうと思っています。
長く使っていることでついていく傷は、なかなか格好の良いものです。

ステンレスの傷は愛の証。むしろ誇るべし!

きっと、ジョブズもそう言って笑っていることでしょう。

【弱点】バックルが突然外れる


僕が唯一デメリットというか、欠点と感じるポイントがあります。
何度かググって調べようとしたのですが、同じように悩んでいる人が見つかりませんでしいた。
もしかしたら、ぼくの個体のせいか、ぼくの手癖のせいって可能性もありますね。

手首を折り曲げたときにトグル部分を押してしまって、バックルの片方が開放 されてしまう事がよくあります。

特に男子トイレ使っているときに、ジッパーを開ける動作で、「パチ」っと外れることがあるんですね。

しかもこの、手首を折り曲げる動作と、外れる角度。
普段の暮らしでもたくさんしているみたいで、いつの間にか外れている ことがありまあす。
実際に落下させたことはないので、致命的というわけではないのかもしれないですが。

サードパーティーではなくて純正が良い理由


実は僕、この他にサードパーティのベルトを持っています。
でも、すぐに飽きちゃうんですよね。
他のベルトを使っていると、リンクブレスレットに戻りたくなる のです。

飽きがこないのが、Apple純正デザインの底力というところなんでしょう。

今は安価なベルトもたくさん出ているとは思います。
でも、満足して使い続けられるものは、その中の何%あるんでしょう。

Apple純正という品質の高さは、アクセサリー的なステータスだけでなく、毎日実用するのに値するものです。
その視点から見ると、決して高すぎる価格ではないと思います。

まとめ:重くてギラッとした「腕時計らしさ」を楽しむ


リンクブレスレットは、シーンを選ばないのが良いです。
他のベルトって、結構カジュアル目なのが多いです。

スポーツなどの場面では実用に即していて、マッチする場面があると思います。

でも、シチュエーションによっては、使うのがためらわれる場面もあるでしょう。
リンクブレスレットのルックスは、場面を問わないところ が、使いやすさの理由でもあります。

逆に、Tシャツのようなカジュアルなスタイルなんかだとより存在感が出て好きですね。
ラフな雰囲気の服装のときは、高級感とのギャップを楽しむことができます。

個人的には、このブレスレットのムード、かなり好きです。

Apple Watch 42mm スペースブラックステンレススチールケースとスペースブラックリンクブレスレット
#watch
#mac
ChaosBoy

テーマは「脱・思考停止」。
コメントはtwitterでお気軽に。