gizmo

初代AppleWatchを3年間毎日愛用した僕がまだまだ使える理由をディープにレビュー

2015年の夏前に発売されたときに、すぐに購入しました。
Appleの中でもはじめてのプロダクトってことで、かなり話題になりました。

僕は、Apple Watch42mm × リンクブレスレット、初代モデル を使っています。

「リンクブレスレットって何?」って方はこちらをご覧ください👇

とりあえず、購入した感想は、大満足😙
3年たったいまも、気に入って愛用しています。
決して高機能という理由なんかじゃなくて、「所有する喜び」があるんですよね。

Apple Watchの解説とを見ると、「運動のトラッキングが・・・」とか「生活習慣を・・・」という話題が多いですよね。
つまり、アプリと連動した「機能」が中心。
確かに、それがウェアラブルデバイスの魅力だし、Apple Watchはスマートな機能を提供してくれます。

が、

僕は、デザインステータス性 も注目に値するくらいに、素敵だと思うんですよね。
ここでは、機能以外の、品質の良さ長く使える魅力 をレビューしたいと思います。

  1. 考え抜かれたコンセプト
  2. 陳腐化しづらい理由
  3. Apple Watchと他のウェアラブルデバイスとの違い
  4. Apple Watchのコスパは良好
  5. Apple Watchの寿命
  6. 初代モデルまだ使えるのか?
  7. 初代モデルでも便利に使えるApple Watchの機能
  8. まとめ:高品質な素材を長く楽しみましょう

考え抜かれたコンセプト


デジタル・ガジェットは、「陳腐化が激しい」というのが常識ですよね。
3年前の購入時に、この部分が一番気になってました。
高い買い物ですから、少なくとも数年は大切に使い続けたい。

そんな心配をよそに、今は買って良かったと思っています。
とっても高い満足感。
それには、こんな要素があるからだと思います。

  • 陳腐化しないデザイン性
  • ケース及びベルトのクォリティの高さ
  • 品質と存在感にステータス性を感じるところ

陳腐化しづらい理由


それは、Apple Watchが 腕時計である ことです。
後述しますが、ウェアラブルデバイスというよりも、腕時計。

腕時計の主な役割ってこんな感じでしょうか。

  • 時間を見ること
  • ステータス性
  • ファッション

だとすれば、古かろうが新しかろうが、最初から十分なポテンシャルを備えている と言えます。
少なくとも、時計としての機能が壊れるまでは、使い続けるのに全く不便はしないんですね。

それに対して、金属などの品質。これが抜群にいい。
リンクルブレスレットは、見た目も触り心地も良いです。

大事に扱ってはいますが、やっぱり傷はつきますね。
個人的には傷もかっこいいと思ってます。
こういう面からも、シンプルに、着けていて気分がいい。

品質が高いからこそ、使い続けることができるんですよね。
この 「時計という機能」と、「品質の良さ」の要素が、ちょっとお高い腕時計の陳腐化しづらい要因であり、Apple watchはその要素をしっかり持ち合わせている と思います。

Apple Watchと他のウェアラブルデバイスとの違い


Apple Watchは、高級腕時計のカテゴリに属していまず。モデルによるけど。
ウェアラブルデバイス的な機能は、もちろんあります。
ただ、あくまで腕時計として存在するように、デザインされている。
だから、Watchなんだと思うんです。

高級腕時計とのスタンス

名だたる老舗ブランドが鎮座している、高級腕時計の業界。
そんな中に、Appleの培った品質でステータス性を生み出しながらも、全く新しい付加価値であるウェアラブルデバイスとしての機能を乗せてリリースする腕時計。

そう思うと、なかなか面白いじゃないですか。
全く別のベクトルの高級腕時計業界にも、多大なインパクトを与えたのではないでしょうか。

Apple Watchの寿命


陳腐化しないとか散々言いましたが、やはりデジタルの製品。
寿命はあります。

こんな要因が考えられますね。

  • コンピュータが壊れる
  • 液晶が壊れる
  • アプリが動かなくなる
  • OSが対応しなくなる

さすがに7〜10年くらいが経過したら、使い物にならなくなりそう。
というか、iPhoneと連携できないか。

というわけで、骨董的な価値は見いだせないところが弱い

Apple Watchのコスパは良好


Apple Watchは、もともと「めちゃくちゃ高級」と言う訳ではありません。
いや、高いですけどね(笑)
でも、ステータス性のある時計って高いじゃないですか。
何十万とか、ふつうに。

それに比べたら、安価ですよね。
Apple Wtachはリンクブレスレットのような、高価な部類のベルトをセットしても、十万円ちょっと
(editionっていう100万円超えるやつもありましたけど、それは別格)
主に高いのはベルトだけれど、それは付け替えができる。

この価格帯で8年ごとに買い替えと考えても、決して コスパは悪くはない と思いませんか。

初代モデルまだ使えるのか?


初代は当初から、アプリの起動とか遅すぎました。
だから、機能の衰えが全く気にならない(笑)

Series1と呼ばれる、初代の次に出たモデルは、このあたりの弱点を克服すべく、ハードウェアの性能が上がっています。
なので、Series1はまったく違った印象でしょうね。

最新のwatchOS5では、初代のサポートが終了しました。 そして、シリーズ4もリリース。

初代モデルは名実ともに、孤高の存在に(ポジティブ!)

初代モデルでも便利に使えるApple Watchの機能

初代でも、不自由なく使えているウェアラブルな機能はこんな感じです。

  • iPhoneの通知を知らせてくれる
  • 日々のアクティビティのトラッキング
  • Mac book Proのロック解除
  • 音楽系APPの音量操作

特筆すべきはMac bookのロック解除で、これは本当に素晴らしい。
価値ありです。

初代やseries1の購入を考えている方には、使えない機能があったりするので留意しておきましょう。

  • GPS機能を使いたい(ついてない)
  • LTEや3Gなどの通信機能(ついてない)
  • Felica(suicaなど)を活用したい(ついてない)
  • 最新のOSによる機能拡充

つまり、アプリケーションや機能に期待を寄せている方には、不向きと言えるでしょう。

まとめ:高品質な素材を長く楽しみましょう


あのデビューから、だいぶ時間が経ちましたねぇ。
いまや、シリーズ4まで登場しました。
進化は止まりませんが、逆にそんなに変わってないとも言えます。
あのころは、ここまでアプリが発展しないと思わなかったけど😓

結論を言えば、Apple Watchは満足感の高い買い物でした。
やっぱり、質感の良さ ですよ。
これに尽きるかもしれません。

高級な腕時計などとは無縁だと思っていましたが、この価格でこのクオリティですよ。
高級腕時計界への、Appleの挑戦的なスタンスも良いじゃないですか。

そういう意味で、エポックメイキングなこの初代apple watch。
まだまだガンガン使っていきますよ😎

next...
#apple,#watch

SEIKO DIVER the 4th Generation

iPhoneX Apple純正レザーケースを半年使うとこうなります

iPhoneXを買うか悩んでいるあなたの背中をプッシュ!iPhoneXの持つ本当の価値を教えます。

AppleWatchで一番かっこ良いけど高価なリンクブレスレットは買う価値があるのか?

1年経ったのでiPhoneXのスペックと機能が本当に使えるのかをまとめてみる

iPadProはどんなガジェットだったのか?2年使ってみた結果