ブログサービスの選び方。静的サイトという選択肢はいかがでしょう?

ブログを始めるとなると、まず、どんなサービスを使うかで悩みますね。
本当にいろんな選択肢があります。

考え始めたら、キリがなくてクラクラしてきた(笑)

ちょっと、まとめてみると・・・

  • ブログサービスを利用する
  • 自力でwordpressなどのブログシステム(CMS)を導入する
  • 静的サイトジェネレータを使う

すばやく執筆を開始するなら、ブログサービスを利用すること一択!
さぁて、僕はどうしよう・・・

既存ブログサービス、CMS、静的サイトから選んでみよう!

  1. 既存ブログサービスを利用する
  2. CMSでサイトを構築する
  3. 静的ページでサイトを構築する
  4. 目的を明確にして、それに合わせた仕組みを選ぶ
  5. まとめ:「まずはスタートすることが大事」

既存ブログサービスを利用する

「ブログ おすすめ」ってぐぐるといくらでも出てきますね。
基本は気に入ったものでいいと思います。

アフィリエイトをしていきたいならはてなブログ、最近注目されているnote ――つくる、つながる、とどける。、イケてる感満載のMedium Japan – Mediumなどなど・・・
ブログサービスも今となっては、かなり洗練されてきているんですよね。
かっこいいものが多い。
簡単にスタートできるメリットを考えたら、全然、アリ。

メリット

  • 今すぐ始められるという気軽さとスピード感
  • 無料である程度利用ができる
  • 同サービスを利用しているユーザー同士の横のつながり
  • システム関連のことを一切気にしなくて良い

デメリット

  • 各社サービスごとにいろんなカラーがあって、選ぶのが大変・・・
  • 記事の内容に制限がある場合がある(アフィリエイトしたい場合は特に注意)
  • レイアウトの自由度が低い

とにかく「記事を書く」ことがメインであれば、既存サービスを選ばない手はありません。
即座にアウトプットするプラットフォーム を用意してくれています。
このスピード感は本当に素晴らしい。

逆に、カスタムできる範囲が小さくなります。
万人向けにフォーマット化されているので、仕方ない部分。

「俺は自由(デザインとかの)がほしいんだ!」というタイプの人は、窮屈に感じるかな。

CMSでサイトを構築する

自分でwebサーバーを契約して、そこにCMS(wordpressなど)をインストールする方法です。
自分で構築するとはいえ、インストール時点ですぐにブログが始められるようにシステムは仕上がっています。
もちろん、自分でできることもたくさんあります。
レイアウトの調整からシステムに関わることまで、自身の好きなようにカスタムできるのが特徴です。

メリット

  • デザインはテンプレートで選び放題
  • 必要な機能はプラグインで拡張可能
  • 自分独自のカスタマイズ
  • 既存サービスにあるような規定を気にしなくて良い

デメリット

  • サーバーの利用料がかかる
  • カスタマイズするのに学習コストが必要
  • ログイン画面など、セキュリティ面のメンテナンスも自分で

今やレンサバでも設定画面から ボタン一つでインストールできちゃう ので、手間は殆どかからないですね。
ただ正直なところ、デメリットは少ないんだけどヘビーだなぁ と感じました。
長い目で見ると既存サービスのほうが気楽かな。

個人的にはwordpressをたくさん触ってた時期があったのですが、デザインテンプレートの カスタマイズがとてもまどろっこしくて ・・・今はどうなんでしょうね。

動的なHTML?


実はHTMLページそのものがすべて置かれているわけではありません。
ユーザーから「このページが見たい!」とリクエストされるたびに、リンクした内容を吐き出して生成していきます。
こういった特性から、CMSを通じて生成されるページは、動的なページと呼ばれます。

静的ページでサイトを構築する

上で説明したCMSは、動的なページ。
よくあるCMSはHTMLはページごと存在してなくても、データベースなどをつかって、閲覧時に動的にページを構築する仕組みがほとんどです。
それと反対の性質を持っているのが静的なページです。

この方法は考え方は非常にシンプル。
HTMLそのまんまの状態 でサーバーにおいておきます。

CMSのローカル版、静的サイトジェネレーター

「えっ、それじゃあブログを1ページづつをHTMLを作るの?」ってなりますよね。
さすがにそれでは、つらすぎます(笑)

そこで、静的サイトジェネレーターというものを活用するわけですね。

jsなどで作られたシステムをローカル環境で動かして、自動的にサイトを作成して書き出します。
出来上がったファイルをwebサーバーにアップロードします。

メリット

  • ブラウザの遷移が早い
  • ローカルにデータがあるので、セキュリティをあまり気にしなくて良い
  • 文字通り、ゼロからシステム及びレイアウトを構築できる
  • デザインに拘れる
  • 無料(笑)

デメリット

  • 学習コスト
  • ゼロからなので構築に時間がかかる
  • 機能拡張は自力で
  • web上に管理画面がない

静的サイトは最近見直されているようです。
ログイン画面がないことによりセキュリティを気にしなくて良かったり、表示スピードに優れていたりと、シンプル故に ユーザーにフォーカスしたメリット を享受できそうです。

一方で、HTMLのプログラミング経験の無い人には、ハードルが高くなります。
僕自身はある程度、HTML+CSSの前提知識があるので、選択肢にいれました。
学びの絶好のチャンスとも言えます。

目的を明確にして、それに合わせた仕組みを選ぶ

色々と考えていると、どんどんブレちゃうのが人の性。
ここで、初心に立ち返ります。

blogを始める目的から、明確にしていってみます。

  • ブログで記事を書くことが最優先!
  • ブログそのものを作るのを楽しみたい!

このどちらか、かな。

僕は、後者です。
チャレンジしてみたいと思いました。
この選択により、既存のブログサービスの線は消えました。

ほっ。

まとめ:「まずはスタートすることが大事」

自分にあったサービスを選びましょう。
僕の場合は、こんな感じの方向性が明らかになりました。

  • デザインを自分で作りたい
  • jsを学びたい
  • ローコストで

それに合致したのは、「静的サイトを構築する」のを選択しました。
プログラミングのスキルは高くありませんが、これを機に学んでいきたいと思います。

すぐに記事を書きたい、アフィリエイトをしてみたい ということであれば、既存ブログサービスが一番良いです。
記事のアウトプット以外にリソースを使うのは、非効率ですもんね。

とりあえず、簡単なやつから初めてみるのもアリです。
満足できるポイントも、時間とともに変わるものですからね。
考えすぎずに、始めてみましょう!

さぁ、方針が決まったところで、サイトを作っていきましょう!

Next...
#nuxt.js,#blog,#cms,#static

ブログの古い記事を見直したらアクセスが少しだけど上がりました

モバイルファーストインデックス(MFI)が検索順位やインデックスに与える影響とは?

CircleCIを導入してシンプルなワークフローを実現!デプロイの効率化にチャレンジ

サイトのAMP化を検討している方へ導入によるメリットとそうじゃない部分を解説します

脱WP。netlifyCMSなら静的サイトの記事作成を管理画面からできちゃいました!

3分でOK!AMPサイトにfacebookプラグインでコメント欄を設置する

構造化データ(JSON-LD)をAMPブログに設置する方法